ロゴデザイン

ブランディングに欠かせないロゴシンボル

会社や店舗、商品のシンボルとなるロゴ。ロゴの印象により消費者が抱くイメージや感覚は異なります。
ロゴマークはそこに込められた想いやコンセプトなどをカタチとして表現させるツールです。
ディアントでは見る側、見せる側双方の橋渡し役として最適なデザインをしてまいります。

シンボルマークの必要性

会社や店舗は売り上げを伸ばし続けなければなりません。それには商品提供価値はもちろん認知度や集客力なども必要になります。一方消費者はどうでしょうか。日々目まぐるしく情報をキャッチし取捨選択を行っています。そんな日々を繰り返している消費者の頭の中に印象を残し続けるには何が必要でしょうか。

商品やサービスとの初めての出会いから、対応の良さその後のアフターフォローなどがあげられます。どんなにいいサービスを提供しても忘れられてしまうことだってあります。それを少しでも防ぐにはどうすればよいでしょうか。
会社や店舗、商品のロゴは消費者が思い出すトリガーの役目を果たしてくれます。またブランド力がアップしてくると○○のロゴが付いているから安心、信頼できるなどの信頼の証にもなります

ディアントではロゴは会社や店舗を運営していくうえで必要不可欠のツールとして考えています。長く使用し多くの人に愛されるロゴだからこそ自社のコンセプトを落とし込みこだわったロゴシンボルにするべきと考えております。

ディアントのロゴづくり

ディアントのロゴづくりはコンセプトや想いから落とし込むデザインを行っております。

Step1:コンセプトの策定

まずは作成するロゴのコンセプト。会社や店舗のコンセプトを洗い出していきます。どんなイメージに見られたいのか。どんな印象を持ってもらいたいのかなどを明確にしていきます。コンセプトの策定はロゴの核の部分になります。コンセプトや想いがない会社や店舗の場合、企画・立案サポートにてコンセプトの策定、ご提案を行っております。

Step2:イメージの創造

洗い出したイメージを元に、色・カタチなどで言葉を視覚的にしていきます。この時、様々な可能性や組み合わせが検討できるように何通りものイメージを形成していきます。

誠実や冷静を表す場合、色は青、カタチであれば、角ばった印象のイメージなどロゴのパーツとなるものを多く出していきます。

Step3:組み合わせ

Step2で出した色やカタチをコンセプトと照らし合わせ組み合わせていきます。

この時に黄金比や白銀比見る人が心地よいものになる様に形成をしていきます。この時もコンセプトからはブラさずメッセージ性を第一に制作をしていきます。

Step4:ご提案・調整

ロゴイメージを数案提出し、お客様とすり合わせを行います。

その後微調整などを繰り返し本使用となるロゴデータを作成しご納品をいたします。

ロゴ制作料金

ディアントのロゴ制作は通常35,000円を頂戴しております。コンセプトからの落とし込みの場合別途費用が発生いたします。

ディアントを利用するメリット

  • お客様の想いをカタチにする

    私たちのデザインはお客様の想いやコンセプトがあって初めて成立します。お客様が想う気持ちをいかに消費者の方に伝えていくのかを大切に日々デザインをしております。

  • 感性と論理のバランス

    デザインは決して感覚的なものだけでは作りません。見ていて心地よい比率やお客様の反応などを反映し修正・改善に努めてまいります。

  • ブランド化でオリジナリティを

    デザインを通してブランディングを進める事で、他社にはまねできない自社オリジナルのポジションを確立することができます。私たちディアントはそんなポジション確立のお手伝いを致します。