パッケージデザイン

購入決定要因を左右するパッケージデザイン

商品のパッケージデザインは商品を購入するかしないかを左右する重要な役割です。ディアントでは商品の魅力を最大限引き出すパッケージデザインを製作いたします。

購入決定要因を最適化する

購買決定要因(KBF)とは、Key Buying Factorの略で、商品を構成する価値の中で、顧客が商品の購買を決める際に、重視する要素(Key Factor)のことを指します。商品開発力なども関連していきますが、商品自体の機能性や利便性、価格が同等の場合、何で商品を選ぶのでしょうか。

ディアントはそれを「デザイン」と考えています。

商品価値がほぼ同等の商品であればブランディングにより価値を増幅させるべきだと考えます。僅差の差を少しづつ積み重ねポジションを確立するパッケージデザインを行います。

ターゲット層からデザイン

ディアントは商品を購入する購買層をターゲティングし、そのターゲットが関心を持つデザイン作りをベースに制作を致します。やみくもにかっこいい・かわいいデザインのものではなくその商品の個性や特長を生かすことができるパッケージデザインを行います。

商品そのものの魅力を引き出す。

なによりも商品の価値そのものがはえるデザインでなければなりません。ディアントが行うパッケージデザインはヒアリング時に商品本来の良さをしっかりと理解をし事業者様や担当者様と共にデザインを創り上げてまいります。

ディアントを利用するメリット

  • お客様の想いをカタチにする

    私たちのデザインはお客様の想いやコンセプトがあって初めて成立します。お客様が想う気持ちをいかに消費者の方に伝えていくのかを大切に日々デザインをしております。

  • 感性と論理のバランス

    デザインは決して感覚的なものだけでは作りません。見ていて心地よい比率やお客様の反応などを反映し修正・改善に努めてまいります。

  • ブランド化でオリジナリティを

    デザインを通してブランディングを進める事で、他社にはまねできない自社オリジナルのポジションを確立することができます。私たちディアントはそんなポジション確立のお手伝いを致します。