Web初心者は必ず知っておきたい!CMS・WordPressのキホン

こんにちは!ディアントのトータルデザイナー三宅です。

みなさんはホームページはお持ちですか?

今までのホームページ更新と言えばHTMLとCSSを使ってページを作っておりましたが、今は様々なシステムが誕生し更新が簡単になりました!

ホームページ更新が簡単になったシステムの代表的なものと言えばCMSです。

皆さんWordPress(ワードプレス)って聞いたことありませんか?このワードプレスもCMSの一つなんですよ!

そこで今回はこのCMSとWordPressの基本をガッツリ解説していきたいと思います。

是非明日から「俺CMSって何か説明できるんだぜ!」って自慢しちゃってください!

この記事はこんな方に向けて書かれています。

この記事は「ワードプレスって何?」「CMSってシステムきいたことあるけど詳しくは知らない…」「効率的にホームページを運用したいけどいい方法が分からない…」そんな方向けに書かれています。

この記事を読んだらこんなことが分かります。

この記事を読めば、CMSシステムがどのようなシステムか、ワードプレスというシステムがどの様なシステムなのか、簡単にホームページ更新する方法が分かります。

CMSとは…?

まずはCMSというシステムについてお話をしてまいります。

CMSとは略語でCMS=Contens Management System(コンテンツ マネジメント システム)と言います。

コンテンツマネジメントシステムを分かりやすく解説すると、ホームページ内にあるコンテンツを管理する仕組みとなります。

今までホームページを作るとなると、CSSとHTMLを基本とした言語で記述したファイルをサーバー上にアップロードし、インターネットを経由して表示させていました。

 

CMSが無い場合

wahtwordpress-01

特徴としては、制作者はページ毎に記述を行いサーバーにアップロード

変更がある場合は各ページを編集しなければなりませんでした。

例えばヘッダーの一部を修正するとなった場合、ほぼ全てのページのヘッダーを修正しなければなりません。

これでは手間が非常にかかってしまいますよね。

 

CMSがある場合

wahtwordpress-02

CMSの場合、サーバー内の保存方法が違います

一つのページで使われているヘッダー・サイドバー・フッター・メインコンテンツ・画像これら全てをバラバラに保存し、ユーザーがアクセスをした際にこれら全てを組み合わせて一つのページを表示させるという方法をとっています。

さらにCMSの特徴としてHTMLやCSSなどの専門言語を知らなくてもホームページの更新ができるというメリットがあります。

これは個人的には是非活用していただきたいポイントでもあります。

インターネットの世界は情報量、分かりやすさ、見やすさが重視されています。

今まである業界の専門知識はあるけれど発信する技術がなく、発信するために制作業者へ依頼をするとその度にコストがかかってしまうというジレンマがありました。

CMSの登場により、コストをかけなくても有益な知識を共有することができるようになりました。

それにより結果的に顧客が信頼をする流れを生み出せるようになりました

 

なぜCMSが良いのか

CMSのメリットを先ほども触れましたが、さらにCMSの良さを深く解説していきたいと思います。

今後ホームページ運営を真剣に考えているならばCMSは大きなメリットとなりますので是非チェックしてみてください。

 

ブログ感覚で更新ができる。

wahtwordpress-03

先ほども少し触れましたがCMSのシステムを導入しホームページを構えれば、HTMLやCSSなどの専門言語を使わずともホームページの更新が可能となります。

これによりコストをかけずに更新が可能となりました。

簡単に言えばブログ感覚でホームページ更新が可能になり、自社ホームページの情報量も大きく増やすことができるようになりました。

 

複数の担当者での管理を一元化

wahtwordpress-04

従来のホームページ運営の場合、担当者それぞれがページ用のファイルを作成するなど、それぞれが記述を行いサーバーにアップロードするといった方法がとられていました。

CMSの場合、更新や編集もネット上で管理画面を介して行うことができ管理画面にアクセスできるアカウントの権限を自由に調節できるので、編集者は編集のみの権限、Web担当者は全ての権限など複数の担当者が居る場合でも管理の一元化が可能となりました。

HTMLやCSSの言語記述は実際人によって書き方が異なったりする場合があります。
一つのホームページで書き方が異なり思う様な装飾が出来なかったりする場合があります。
その様な表には見えないリスクもCMSのシステムを使用すればリスクヘッジすることができます。

エディタ機能で更新がより簡単

wahtwordpress-05

ブログ感覚で更新が簡単になったという最大の利点は編集時のエディタ機能がある所でしょう。

例えば、文字を赤くして強調してなど、HTMLやCSSで記述する場合、記述したファイルと実際にページにアップロードした時でのチェックが必要になります。

やや専門的になりますが、タグの閉じ忘れや不必要なタグが混ざりこんでしまったりなど、どうしてもミスなどが起こりがちです。

CMSの場合、編集時はエディタを使用して編集を行います。

エディタ機能を使う事で、編集をしながら実際のページを簡単に確認することができ、自動でHTMLなどのタグの生成を行ってくれるので人力でのミスはかなり減らせると思います。

 

更新・公開までがスムーズに

wahtwordpress-06

従来ではコンテンツを作る際には企画者から制作者または制作業者へコンテンツ内容を依頼し、承認者の確認を取り公開へと言う手順を踏んでいきます。

企画者はあくまでも企画のみで実際のコンテンツを作ることができません。

CMSであればブログ感覚で簡単に更新ができるので、企画者自身が制作も可能です。

わざわざ業者へ依頼する必要も無くなります。

限られたリソースを上手に使うという意味でCMSシステムは非常に時代に則したシステムと言えます。

 

それじゃあWordPressって…?

simple-02

ではWordPress(ワードプレス)とは何でしょうか。

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。単なるブログではなくCMSとしてもしばしば利用されている。

引用元:Wikipediaより

ワードプレスはオープンソースのブログ作成システムとして公開されたCMSシステムとしても利用されるブログソフトウェアの一つです。

誰でも自由に改良・再配布ができるソフトウェアとして誕生しました。

私たちディアントのホームページ制作もこのワードプレスをベースとしたサイト構築を行っております。

それではこのワードプレスの特徴となぜワードプレスを使用しているのかと言う理由について合わせて解説していきます。

 

世界の技術者が開発

ワードプレスはオープンソースなので世界中の技術者が参加できる仕組みになっています。

より良いブログソフトウェアを開発しようと世界中の有志の方々がこのワードプレスの開発に取り組み、非常に便利なブログシステムが誕生しました。

 

CMSの役割を担うWordPress

ワードプレスの機能は、先ほど書いたCMSの特徴を網羅しています。

なのでワードプレスはCMSとしても利用されています。

ワードプレスのすごさを物語るデータがあります。

  • 日本のホームページの16万サイト以上がワードプレス
  • CMSで作られたサイトの内ワードプレスが58.7%
  • 世界中のウェブサイトの内25%はワードプレス

情報元:「全世界のサイトの4分の1はWordPressで作られている

情報元のタイトルを見てもわかる様に世界中のホームページの4分の1がワードプレスで作られているという事実として、厳密にはCMSシステムではないのですがこんなにもシェアを伸ばしていることがいかにワードプレスが有用かを知らせる一つの指針ともいえます。

 

構造はどうなってるの?

wahtwordpress-07

色々技術的な事や専門的な事が多々ありますが、ざっくり解説をいたしますとワードプレスは編集するための管理機能、ホームページの大枠を決めるテーマ、ホームページに個別の機能を付帯させることができるプラグインの三つに分けることができます。

車でいうところの、ボディがテーマ、車の中身がエディタ、オプションがプラグイン。と言ったイメージです。

今までのホームページ制作の場合、新たにオプションを付けたいと思ったらホームページ全体を編集しなければいけませんでしたが、ワードプレスならオプションの部分を編集し開発すれば簡単に付帯させることができます。

さらにこのプラグインは世界中のユーザーが開発をしており、多種多様なプラグインがあるのも特徴のひとつです。

 

なぜこんなにもWordPressが選ばれるのか?

先ほどワードプレスのシェアが世界中のホームページの4分の1と非常に沢山のシェアを持っていますが、なぜこんなにも選ばれているのでしょうか。

いくつか理由を挙げていきたいと思います。

 

専門知識が不要

ワードプレスは更新時に専門知識が不要で更新が可能です。

覚えるべきはワードプレスの操作方法のみと言っても過言ではありません

ワードプレス自体の導入やカスタマイズなどは専門知識が必要になりますが、更新作業のハードルが非常に低くなるので専門知識がないスタッフでもホームページ更新が可能です。

 

開発が盛んにおこなわれている。

世界中のホームページのシェアやプラグインの種類の多さを見て分かるように、開発が盛んに行われています

盛んに行われているからこそフィードバックや同じ悩みで悩んでいる人がコミュニティで質問をしあっているので、問題解決には非常に役立ちます。

シェアが多いからこそのメリットと言えるのではないでしょうか。

 

SEO対策に向いている。

ホームページを持つとなると切っても切り離せないのがSEO対策です。

このSEO対策にワードプレスは向いているという情報があります。

検索エンジンと言えばGoogleと言うほど今や検索エンジンはGoogleの一強時代です。

そのGoogleの開発部門の責任者マット・カッツ(Matt Cutts)氏は、こう言っています。

WordPress is a great choice

WordPress automatically solves a ton of SEO issues.

WordPress takes care of 80-90% of
(the mechanics of)
Search Engine Optimization (SEO)

(意訳)
ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。

なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80%~90%に対応するように作られているからです。

出典元:Google検索の責任者やSEOの天才も認めるWordPressのSEO効果

ワードプレスについて調べれば調べるほど、SEOに向いているとの記述を見つけることができます。

SEO対策に向いているからと言って、何の知識もなくただワードプレスを使ってホームページを運営しているというのでは思う様な効果は出ません。
SEO対策はきちんとした知識と技術が必要になります。
技術には流行り廃りがあります。
大切なのはSEOの本質を理解して基本に忠実に施策を行っていくことが大切です。

 

WordPressを使うには?

wahtwordpress-08

ワードプレスを使ってならホームページを持ちたい!と思われた方もいらっしゃるかと思います。ワードプレスを持つには上記の準備が必要です。

レンタルサーバーなどと契約をし、ホームページの置き場所を借りましょう。

そしてホームページの所在地を知らせるためのドメインを取得しましょう。

そして構築、設置、カスタマイズの為の言語知識や専門知識を勉強しなければなりません。

確かに運営は簡単ですが、運営前の構築を無知識で一人で行う事はあまりお勧めしません

少なくともわからない事は質問できるフィールドや詳しい人物を探しておくようにしましょう。

 

更新が簡単になったらやるべき事

これはホームページを持つすべての人にやっていただきたい事でもあるのですが、ワードプレスなどのシステムを利用して更新が楽になった分、是非ホームページ運営の為にやっていただきたい事があります。

それが、「コンテンツマーケティング」です。コンテンツマーケティングを超簡単にご説明すると、

 

「タメになる、面白い、感動する、役に立つ記事を書いて集客しよう!」

すごくざっくり解説させてもらいました。

技術的な問題が解消された分中身のもっと分厚くさせていきましょう。という事です。

よいコンテンツ書くために必要な3つの要素があります。

wahtwordpress-10

1つのコンテンツを書いて爆発的にアクセスアップ!なんてことはなかなかありません。

日々企画を考えて、コンテンツを作って、反響を見て修正をして……とコツコツ積み重ねてその精度を上げていかなければなりません。

人の気持ちを動かすわけですから、そう簡単に動かせるようなものではありません。

日々ターゲットとなるユーザーの事を考えてコンテンツ作りをしていかなければなりません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?これで明日から「CMS・WordPressって何か教えてあげよっか?」と言えますか?

ホームページを持つかお悩み中の方も、どんな制作方法を選ぶかお悩み中の方も是非WordPressのシステムを取り入れたホームページ運営も是非ご検討下さい。

ご相談やお見積りなどもお気軽にどうぞ!いつでもお待ちしております。

 

簡単に更新できるならホームページ欲しいっという方へ

デザインスタジオDiant(ディアント)はホームページ制作サービスを行っております。

私たちの行動規範である「なりたいをデザインする」をコンセプトにお客様に満足いただけるホームページ制作を行っております。

気になった方は是非ディアントのホームページ制作からサービス内容をご確認ください。

ディアントでホームページ制作をされた方には以下の様なe-bookをプレゼントしています。

wahtwordpress-09

このほかにもデザインに関する事なら何でもご相談ください。サービス一覧はこちらから

ロゴやチラシ、名刺、SEO対策まで!様々な分野でお客様をサポートいたしております。

合言葉は「デザインに関する事ならディアントへ!」是非ご相談ください!

関連記事

  1. 結局どっちが良いの?無料ホームページ制作と制作会社への依頼

  2. 自然の色は入りやすい!なじみの原理で見やすいデザイン

  3. 想いを載せて走る。Diantのカーラッピング

  4. やっぱり読みやすい!明朝体の基礎 / デザイン基本の「き」

  5. 情報を整理して綺麗に見やすくさせてみよう!

  6. なんでデザインは必要なんだろう?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA