SNSの被リンクって効果がないの?知っておきたいSNS発リンクの考え方

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)と自社ホームページとの関わり方はどのように考えていけばよいのでしょうか。

SNSからの被リンクは効果がないという意見もあります。果たして本当なのでしょうか。SNSからの被リンクから考え方まで解説をしていきたいとも思います。

 

ソーシャルメディアとホームページの考え方

ソーシャルメディアの代表格と言えばツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどがあります。

とにかくこれらのサービス上には利用者が非常にたくさんいます。

このユーザーが沢山いる場所で情報を公開したほうが多くのユーザーの目に触れる可能性が非常に高いと考えることができます。

 

コンテンツを自社サイトで育みSNS上でユーザーと交流を取るという考え方をベースに考えてみてよいかと思います。

 

Webの口コミはSNSから

SNSは情報が非常に多く飛び交っています。ユーザーにとって話題性の高い情報や旬な情報はSNS上で爆発的に共有されます。

それらにより結果的に自社サイトの流入が増えます。なのでアクセスを増やしたいと考えるならばSNSは欠かせない存在と言えます。

 

SEOの目的とソーシャルシグナル

ソーシャルシグナルとはツイッターでいうリツイートやフェイスブックでのいいねなどの事をソーシャルシグナルと言います。

以前Google社の声明で「ソーシャルシグナルはSEOには効果がない」と繰り返し明言していました。

 

Google社がそう言うのであれば効果がないと思います。

しかし、ソーシャルシグナルが起こるという事はユーザーの興味や関心があると言い換えることができます。

直接的にSEOに関係しなくともユーザーの満足度やアクション率が高い投稿は、結果的にアクセスアップにつながるという考え方ができます。

 

SEO対策も結果的に自社サイトのアクセスを増やし購買率を上げることが重要です。

経路は違えど行っている目的としては同じ考え方ができるように思えます。

 

生の反響が見えるSNS

自身で一生懸命作ったコンテンツを多くのユーザーに見てもらいたいと思いますよね。実際に多くのユーザーに見てもらいソーシャルシグナルが発生すれば自身が作ったコンテンツに対して反応・評価してくれていると考えることができます。

しかし、なにも反響が起きなければコンテンツの構想を考え直さなければなりません。

その判断基準となるユーザーの生の声を聴けるのもSNSの良い面です。

 

実際に多くの人に見てもらうためにも自社のアカウントやファンページにユーザーを多く集め続けなければなりません。

 

聞こえるところで叫ぼう

自社サイトのみでコンテンツを更新し続けていればSNSを活用している人t比べたら入口は少ないと考えることができます。

自社サイトに行かない限り更新状態を見ることはできませんし、更新されたかすら気づきません。

その為にもSNS上の多くのユーザーの目に触れる可能性の高い場所で更新情報を拡散したほうが多くのユーザーに見てもらい反応してもらいやすくなります。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. カーラッピングの相場と利用している業種

  2. Facebookページを知ろう

    超便利!Facebookページ(ファンページ)とは

  3. ホームページの更新は簡単!ホームページで集客するときにやること

  4. 大きな違いが調和する明瞭性の原理

  5. デザインとは何だろう?

  6. やみくもに更新しない!ホームページ更新に準備しておくべき3つのモノ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA