Web集客には欠かせないKGIとKPIってなに?

コンテンツマーケティングやWeb集客には欠かせない指標。「KGI」と「KPI」この二つの指標の設計の仕方によって目指すべき方向なども変わっていきます。

どの様な業種でもこのKGIとKPIの設定は重要になっていきます。今回はそんなKGI、KPIについて解説して参ります。

 

KGIとKPIの意味は?

まずKGIはKey Goal Indicator重要目標達成指標と言います。

KPIはKey Performance Indicator重要業績評価指標と言います。

 

KGIは達成したい最終的な目標を指し、KPIはKGIに達成するために必要な重要な指標と言えます。

 

まずどこをゴールにするのか

KPIを決める前にKGIを決めなければなりません。何に向かって指標を設定していくのかかが重要になっていきます。

Web集客をすることで最終的に何に到達したいのかが重要です。

 

大体の場合自社が取り扱うサービスや商品の購買がKGIになります。

 

売るためにはどうすればよいのだろう

ここでまずスタートに戻って考えてみましょう。将来顧客でなるであろうユーザーはどの様なステップを経て商品・サービスの購入にまで繋がっていくのかを考えてみましょう。

ここにカスタマージャーニーと言う顧客が購買を通じてどの様に体験を旅していくのかを表した図があります。

161117-02

これらのステップを踏んでユーザーから顧客へと昇華していくわけですが、購買前の3つのステップに注目してください。

認知・関心、調査、比較検討この三つのステップのどこにKPIを設定するのかが重要になっていきます。

 

コンテンツ作りも重要に

認知・関心、調査などは気になった人が勝手にやるなんて考えていませんか?

これらのステップでもこちら側がコンテンツを製作する事で呼び込むことができます。

 

コンテンツをステップごとに分けて制作する事をお勧めします。

例えば商品自体を知らない人たちの為に商品の特長やメリット、使用シーンを想定して提案をするといった方法などがあります。

 

各ステップごとに行動させたい誘導を

161117-03

ユーザーの状態によって見せるべきコンテンツは異なります。それぞれにユーザーに起こさせたいアクションへと誘導し最終的なKGIに行きつかせなければなりません。

商品の存在を知らない人に自社の商品やサービスの詳しい説明をしてもよく理解してくれない可能性があります。

まずは様々な選択肢を見せておいて、最終的に自社のメリットを見せた方が理解度は高まります。

 

しかし選択肢を与えるといっても他に流れていってしまっていけないので、自サイト内で完結させる必要があります。

 

なぜこんなことをするの?

なぜこのような事をしなければならないのでしょうか。

今までの広告などの集客は「比較・検討」ステップに近いユーザーしか呼び込むことができません。

しかしこの方法であれば今までその必要性を感じていなかったユーザーも引き込むことが可能となります。

 

さらにどのステップでユーザーは止まってしまっているのかなどが分かるので改善方法も見えてきます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?KGI、KPIの重要性はご理解いただけましたでしょうか?

自社のサービスや商品に合わせてステップを設計していくことも大切になりますので是非トライしてみてくださいね。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

 

関連記事

  1. WEBの世界は急成長中!ホームページは持つ時代から創る時代へ

  2. 知らなきゃ損!ホームページ制作の正しい相場と仕組み

  3. 遊び感覚で使えるプロモーションツール【インスタグラムの始め方】

  4. 【保存版】いちばんわかりやすいHTMLの基本構造

  5. 先を見越すあなたへホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

  6. 文字の基礎を覚えればデザインは楽しくなる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA