ホームページで載せたいコンテンツのポイント3選

ホームページを更新する上で必要なコンテンツ。

このコンテンツを製作するのは一苦労だったりしますよね。

そこで今回はホームページ制作の上で欠かせないコンテンツの作り方のポイントを大きく3つに分けてご用意いたしました!

 

やみくもに更新をするよりも、ポイントを押さえてコンテンツを製作したほうが効率はぐっと上がりますのでお勧めいたします。

 

最後までお読みいただければ幸いです。

 

ポイント1、ユーザー(読者)が求める情報に注目しよう。

ユーザーが求めるコンテンツとはいったい何でしょうか?一度リストに挙げてみます。

  • 読んでいてタメになるもの
  • 面白い内容のもの
  • 感動してしまうようなもの
  • 思わずみんなに教えたくなるようなもの
  • 知識として勉強になるもの
  • 暇つぶしができるもの

などなど様々な興味が人にはあるはずです。

これらの興味を引き出してあげることができるような記事を製作するようにしましょう。

 

例えばあなたがケーキ屋さんでケーキ屋さんのコンテンツを製作するとします。

  • 思わず食べたくなる!ショートケーキの秘密…タメになる記事
  • ティラミスとチーズケーキどっちが人気があるか試してみた…面白い記事
  • こだわりの製法を作り上げたパティシエ○○の感動秘話…感動する記事
  • エクレアはこうやって食べる方が10倍美味しく食べれる方法!…教えたくなる記事
  • 休憩にはショートケーキとコーヒーが良いとされる効果とは?…知識なる記事
  • 10段重ねケーキに挑戦!その意外な結末とは!…暇つぶしの記事

などなど書いてみて面白そうな記事が出てきそうですね!

中身ももちろん大切ですがタイトルも重要です。

 

タイトルが面白くなければ開かれません。

 

タイトルと中身、両方に興味がわくような仕掛けをするようにしましょう。

 

ポイント2、人は物語(ストーリー)に感情移入する。

みなさんは映画や漫画などを見ますか?僕はよく見ます。

これらをストーリーが作りこまれていてついつい見入ってしまいますよね。

こういったところにもコンテンツを作るヒントが隠されています。

 

人は感情移入するとアクションを起こしやすいという事です。

これを作るのにこんな背景があるのか。こういう経緯でこれが完成したのか…!など気持ちに訴えかければかけるほど共感が生まれファンになってくれるのです。

 

ポイント3、誰がどんな人が書いているかは気になるもの

初めて訪問したホームページは、誰がどんな意図で書いているか分かりません。

お店でも始めてはいるお店ならどんなお店なのか、スタッフはどんな人なのか気になるところですよね。

なので書いている人の顔を載せるようにしましょう。イラストや似顔絵でもないよりかは良いと思います。

 

相手の雰囲気や顔が分かると「こんな人が書いているのか!」などイメージが湧きやすくなりより親近感が湧くようになります。

 

インターネットの世界も人対人を意識して

いくらインターネットが進化しても、最終的には人対人です。

書くあなたが居ればそれを読んでくれる向こう側の人がいます。そういった人を意識して書くようにしましょう。

 

はじめは何も起きない。

見ず知らずの人のホームページやブログにコメントなどを付けるのは中々勇気が入ります。

コメント募集中です!なんて文を入れても書きづらいものです。

 

何も起きませんが根気よく読んでる見えない誰かがいることを信じて書き続けることが大切です。

またアクセスが悪かったり着地にアクションなどが起きていない場合もきちんと修正を加えることが大切です。

 

いいね!&シェアお願いします!


 

特典!ブログコンテンツ10の法則ブックを全員にプレゼント!

ディアントも実践しているブログコンテンツ制作を10の法則にまとめた便利なブックを

記事を読んでくださっている皆様へプレゼントといたします!下記フォームよりご請求ください!

bconbn

資料のダウンロード請求はこちら

関連記事

  1. 一目でわかる!ホームページ制作から運用まで

  2. レイアウトをマスターしよう!対比と動き編

  3. 超便利!パソコンがなくてもワードプレスが更新ができる!hpbpadアプ…

  4. ラインスタンプが完成しました!3丁目のキャト田さん1

  5. カメラ初心者でもできる料理の写真を上手に撮るために意識すること6つ

  6. 色付け時にはおさえておきたい配色テクニックの基本

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA