自営業者必見!ホームページ更新を代行してはいけない理由

こんにちは!デザインスタジオディアントの三宅です!

皆さんはホームページをお持ちですか?そしてホームページを上手く活用できていますか?

「名刺代わりに持ってるだけ…」「業者さんに任せちゃってるから」などなどお話をよくお聞きしますが、

 

もったいないです!

 

今回は是非ホームページ更新の意味と必要性について知っていってくださいね!

 

なぜホームページを更新をするのか

まずはシンプルに考えてみましょう!そもそもなぜホームページを更新するのでしょうか。

ホームページに記載している情報と言えば、

  • サービス内容
  • コンセプト
  • アクセス
  • 会社概要

などなど。これらを記載しておけば良いでしょう!とお考えの方もいるかと思います。

 

まずはホームページと言うものの立ち位置を考えてみましょう。

 

ずばりホームページはお店です!

 

161119-02

更新をしていないとどうしても情報の古さや実際に営業しているのかわからないといった不信感を与えてしまいます。

更新をせずに置いておいたままにしておくと逆効果になってしまうことだってあります!

 

SEO的観点から見ても自社ホームページにコンテンツを生成する事で様々なメリットがあります。

161119-03-1

ホームページでの集客を考えるのであれば自社のサービスに則したキーワードで上位表示を狙う事も大切です。

コンテンツを定期的に作ることで様々なキーワードでアクセス機会を狙うことができます。

さらに専門知識やイベント情報などを告知することで信頼感を持たせることができます。

 

では何を更新すればいいの?

それでは何を更新すればよいのでしょうか?「更新するといってもそんなに簡単にネタが浮かばないよ…」

そうですよね!ですがネタはすでに皆さん沢山持っているはずです!

 

考え方を変えてみましょう!商売をされている方は何らかの専門家です。

お客さんと話している時に「へぇ~そうなんだ初めて知りました!」とか「そういうやり方があるんですね!」なんて、

感心されたりした経験はありませんか?

 

お客さんは初心者です。だからこそ皆さんのビジネスを利用しているはずです。

お客さん目線に立って考えてみればいろいろ浮かんでくるはずです。

 

  • サービスや商品内容
  • 商品開発の裏話
  • イベント情報やイベントの内容報告
  • 業者しか知らない専門知識
  • 新メニューの紹介
  • 素材へのこだわり
  • 自社のコンセプト・企業理念
  • 利用するメリット

などなど各業種によって沢山湧いてきます!

 

コンテンツを作るときのコツ

 

ここでコンテンツを作る際のコツをこっそり教えちゃいます!

  • 後から読み返したいと思えるコンテンツのネタを考えてみましょう。
  • 記事をシェアすることでシェアをした人が良く思われたり、好ましい印象を与えるようなネタを考えてみましょう。
  • 実生活に活用できるようなネタを考えてみましょう。
  • 大多数に該当するネタよりもターゲットを絞った方が良いコンテンツを作れます。
  • 他社のコンテンツを参考にしてみることも大切です。
  • コンテンツを見てもらうには中身同様にタイトルも重要!タイトルもこだわりましょう。

マンダラートを使ったネタ作り

コンテンツのネタを考える際にはマンダラートを使ったネタ作り方法がオススメです。

使い方は簡単!9マス×9マスの紙を用意します。中央に自社のベースであるサービスや商品を記載します。

それらに関するものを8つ書き出して外側の9マスの中央に書き出しまたアイデアを広げていきます。

161119-04-1

これを使う事で自社のベースをぶらさずにホームページ更新のネタを考えることができます。

 

ホームページ更新はお客さんとの交流・信頼作り

161119-05

最初にご説明をいたしましたが、ホームページ=お店です。お店の人が全くお客さんと交流を取らないとなるとそのお店は中々お客さんに浸透していきませんよね。

ホームページでお客さんと交流をとるためにはコンテンツ(情報)を発信して交流をとるようにしていきましょう!

 

より詳しい専門的な内容を初心者の人にもわかりやすく伝えることができれば親切でわかりやすいサイトという印象を持たれます。

さらにSNSと組み合わせることでより手軽に深く交流を取ることができます!

 

どうしても代行したい場合は?

その他の業務が忙しくてホームページの更新はどうしても難しい。業者さんに代行したい。そんな方は代行する場合どの様な点に気を付ければよいか解説していきます。

 

丸投げにしない

ホームページ更新を業者さんに丸投げをしないようにしましょう。自社のコンセプトや企業理念などをしっかりと伝えブラさずに更新を代行してもらうようにしましょう。

 

定期的な打ち合わせをしましょう。

やはりコンテンツには専門知識が必要になっていきます。さらには業者さんからの計画的な更新スケジュールなどを計画してもらうようにしましょう。

各業種の専門的知識とネットの専門知識を掛け合わせてより良いコンテンツを作り上げていく。このような形をとることが理想です。

 

業者さんとの温度差

事業者さんと代行業者さんとの温度差が生まれてしまうとどうしても距離ができてしまい出来上がるコンテンツもなかなか良いものが作れません。

一緒に良いものを作り上げていくといった協力体制の様な形が取れる業者さんを選ぶようにしましょう。

 

Diantでも行っているサービス

私たちデザインスタジオディアントでもこれらに関するサービスを取り扱っております。その一部をご紹介します!

 

ディアントのホームページ制作は更新が簡単!

ディアントが行うホームページ制作は更新が簡単なシステムを導入したホームページを製作しております。

ワードプレスと言う世界的なオープンソースを使用して構築するので納品後の更新もブログ感覚で行えます。

161119-06

さらにディアントでホームページ制作をされた方全員にワードプレスの説明書とメールサポートサービスを特典としてお付けします!

ディアントのホームページ制作はこちら

 

コンテンツ制作サービス

ディアントのSEO対策はコンテンツマーケティングをベースとした対策を行っております。

各事業に合わせたペルソナ設定と更新スケジュールなどの計画を組み込みコンテンツを製作してまいります。

毎月お打合せを密に行い制作コンテンツの設定を行ってまいります。

ディアントのコンテンツ制作サービスはこちら

 

ホームページ更新はお客さんとのコミュニケーション手段!

161119-07

ホームページ更新はお客さんやこれからお客さんになるかもしれない人たちとコミュニケーションが取れる最良の手段です。

顔が見えない分親切にわかりやすくコンテンツを作ることで親近感や信頼感を持ってもらうことができます。

SEOなどの技術はもちろん必要ではありますが何よりもお客さんの為に更新を行うというベースが大切となっていきます。

私たちデザインスタジオディアントもお問い合わせやご相談も受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせくださいね!

 

 

いいね!&シェアお願いします!

周りに自営業者さんやホームページ運営でお困りの方などがいらっしゃいましたら是非シェアをしてこの記事を教えてあげてください!

私たちが何かお力になれる事があるかもしれません!お気軽にぽちぽち押してください!

関連記事

  1. 自然の色は入りやすい!なじみの原理で見やすいデザイン

  2. 次に来るSNSはコレ!!未来の自分のための情報収集ツール!ピンタレスト…

  3. 本当は危険!「とりあえずホームページを持つ」がもたらす3つの罠

  4. 今さら聞けない!ホームページってどんな効果があるの?

  5. カーラッピングの相場と利用している業種

  6. 制作会社が語る!ホームページ制作依頼前にチェックしておきたい5つの項目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA