なぜコンテンツ制作には3ステップあるのか?

こんにちは!ディアントの三宅です。

今やホームページはブログを書いていて当たり前の時代になってきました。

 

そのブログの記事は立派なコンテンツとなります。

そんなコンテンツ制作には3つのステップを用意しておくことを推奨していますが、なぜ3ステップが必要なのでしょうか。

今回はこのコンテンツ制作における3ステップの理由についてお話をしてまいります!

 

そもそもコンテンツ制作の3ステップってなに?

まずは3ステップについてお話をしていきましょう。

コンテンツ制作における3ステップとは、

 

拡散・中身・着地

 

の3つになります。

これらを設定することでコンテンツ制作運営がより行いやすくなります。

 

なぜ3つのステップを作るのか。

それではなぜ3つのステップを作るのか解説をしてまいります。

 

拡散ステップ

まず制作したコンテンツを見てもらわなければはじまりません。

そのためにはまずは拡散を行います。

SNS等を使用してコンテンツに来てもらえるように呼び込みを行います。

 

ここで重要なのが、

  • タイトル
  • 紹介文
  • アイキャッチ画像

この3つになります。

タイトルはより魅力的でわかりやすく!

紹介分は概要が分かり興味をそそるもの

アイキャッチは目を引いてまずはタイトルと紹介分を読んでもらうきっかけづくりとして考えましょう。

 

中身ステップ

コンテンツの中身の部分です。

実際にクリックをしてきてくれたユーザーが最後まで読んでくれいるか、

内容は分かりやすいか、読みづらくなっていないかなどを注意しながら書きていきましょう。

 

着地ステップ

コンテンツを見てもらったうえで次のアクションへ誘導をしましょう。

制作したコンテンツはどこに着地したいのか決めておくようにしましょう。

例えば、

  • シェアをしてもらって認知度を上げたい
  • PDFダウンロードを用意してより深く理解してもらいたい
  • 自社商品を紹介して購買へ繋げたい

などコンテンツを製作する上での目的の部分を明確にしておくようにしましょう。

 

3ステップを作ることの効果

コンテンツを公開し少し経ったらアクセスやダウンロード数、シェア数などを確認しましょう。

これらの結果から改善点を導き出すようにしましょう。

 

アクセス数が少ない…

アクセス数が少ない場合拡散ステップでの問題です。

興味のあるタイトルがつけれているのか、アイキャッチはちゃんと設定できているのかなどを改善点として考えてみましょう。

 

着地ステップのアクションが少ない…

コンテンツへのアクセスがあるのに着ステップに進まないのは、中身に問題がある場合が多いです。

きちんと着地ステップに誘導ができているのか、できていないのかを中身のクオリティはどうなのか判断していきましょう。

 

拡散も中身も着地もOK!

順調にコンテンツが回っている証拠なので引き続きコンテンツ制作を頑張りましょう。

ただアクションを起こしてくれたユーザーは限りなくあなたに興味を持っています。

こちらからできるフォローはしていくようにしましょう。

 

PDCAサイクルでコンテンツのクオリティを上げよう。

コンテンツ制作は、地道でこつこつ積み重ねる作業です。一つ目でどかんといくのは一握りです。

毎日の積み重ねが効果を生んでいくのでめげずにPDCAサイクルでコンテンツの質を上げるようにしましょう。

 

何がいけなかったか、何が原因なのかを明らかにすることで今後のコンテンツ制作の質の向上への近道となります。

 

いいね!&シェアお願いします!

特典!ブログコンテンツ10の法則ブックを全員にプレゼント!

ディアントも実践しているブログコンテンツ制作を10の法則にまとめた便利なブックを

記事を読んでくださっている皆様へプレゼントといたします!下記フォームよりご請求ください!

bconbn

資料のダウンロード請求はこちら

関連記事

  1. ホームページ集客をおすすめしたい7つのワケと5つの問題

  2. Web集客には欠かせないKGIとKPIってなに?

  3. ランディングページと普通のページってどう違うの?

  4. 先を見越すあなたへホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

  5. 【保存版】いちばんわかりやすいHTMLの基本構造

  6. 一目でわかる!ホームページ制作から運用まで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA