ランディングページと普通のページってどう違うの?

ランディングページとホームページにある普通のページってどう違うのでしょうか?

ランディングページと通常のページの違いについてお話をしていきたいと思います。

ランディングページの特徴を知れば違いが見えてきますので特徴を詳しく解説いたします。

 

ランディングページとは

まずはランディングページとはというところからお話をしていこうと思います。

まずランディングページとは日本語にすると「着地するところ」と言ったイメージです。

 

この着地ページを作ることでどんな使い道やメリットがあるのでしょうか。

 

コンバージョンを上げる

ランディングページはネット広告のリンク先としてよく使用されます。

ネット広告を見て購買などにつなげるために特化させたページこそがランディングページです。

専門用語でいうとコンバージョンを上げることに特化したページと言えます。

 

このコンバージョンと言うのがWeb上で最終的に獲得できる成果の事を指します。

成果は様々ですが商品の購買や資料請求、問い合わせの増加などが考えられます。

この成果率を上げるためにランディングページは必要とされるのです。

 

選択肢を与えない。

一般にホームページはいろいろなところにリンクが張って有り、ユーザーーの意図に合わせて飛べるように配慮が施してありますが、

ランディングページにはその選択肢はありません。アクションを起こすか起こさないか。極端に言うとこの選択肢しかありません。

 

選択肢を絞ることでコンバージョンを上げるのです。

ですが選択肢を絞ったところでコンバージョンは果たして上がるのでしょうか?

それではランディングページの特徴についてお話をしていきます。

 

縦に長いページ

ランディングページは縦に長いページになっています。

これはページ内でそのアクションを起こさせるために必要な情報を多く盛り込んであるからと言えます。

問題提訴、商品内容、問題改善、裏付け、レビューなどを記載していくと縦長になってしまいます。

これこそがランディングページの特徴と言えます。

 

リンクを貼らない。

先ほどお話をしたようにランディングページはリンクが極端に少ないです。

選択肢を絞るためにあえてリンクを貼っていません。

 

目立つデザイン

ランディングページの見た目は目立つデザインで構成されています。

情報を多く盛り込んだ縦長のページであるからこそ視覚的に情報を理解してもらう事でユーザーは途中で離脱するといった行動を起こさせないように配慮してあります。

なので文字よりも画像が多く使用されているのも特徴の一つと言えます。

 

 

押しやすさを考えた大きなボタン

ランディングページにあるリンクボタンは大きくて目立つように作られています。

選択肢が絞られている分「ここしかアクションを起こせませんよ!」と言った具合になっています。

 

長くてもページは分けない

ランディングページは長くてもページは分けません。

なぜなら2ページ目、3ページ目と分けていくとユーザーの離脱率が上がってしまうからです。

なので1ページで完結させてアクションにまで誘導をするといったことを行っています。

 

ランディングページ中身の特徴

ランディングページの中身はどうでしょうか?中身の特徴について解説をしてまいります。

 

興味を持たせるキャッチコピー

ランディングページには興味を持たせるキャッチコピーがあります。

このキャッチコピーはページの先頭に配置しており、ページを開いたユーザーがまず初めに読むようにしておいてあるのも特徴の一つです。

 

問題点を提示

ランディングページは問題点を先ずあげます。「こんな事でお困りではないですか?」「こういう問題が多々ありますよね」など

問題喚起をすることで「確かにこれは改善させたいな」などの興味をより多く湧かせます。

 

解決法を紹介

問題点を提示したら次は、問題の解決法すなわち商品やサービスの紹介です。

この商品やサービスを使用することでこんな問題が解決できますなどの解決法を商品・サービスを絡ませて紹介をしていきます。

 

裏付け・レビューがある。

ここまでくるとユーザーも「本当にうまくいくのかな?」などと懐疑的になります。

そこでその感情を払しょくするために利用者の声や統計などの裏付けを提示します。

裏付けやレビューを提示することで安心感が湧き購買に繋がりやすくなります。

差別化をする。

そして差別化をします。他にはないサービス・商品。ここでしか手に入りませんという貴重感を出すことで「ここでしか買えないなら…!」と喚起させるように誘導します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ランディングページの特徴はお分かりいただけましたでしょうか?

ちなみにディアントでもランディングページの制作を行っております。

ヒヤリングを重ねて一つ一つ検証しながら製作を行っております。ご興味がある方はぜひご検討下さい!

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. 自営業者必見!ホームページ更新を代行してはいけない理由

  2. SNSの被リンクって効果がないの?知っておきたいSNS発リンクの考え方…

  3. 宝の持ちぐされにならないホームページ活用方法

  4. 文字の基礎を覚えればデザインは楽しくなる!

  5. ただ走らせているだけではもったいない!初期投資のみでできる走る広告

  6. Facebookページの作り方(2016年版)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA