レイアウトは余白が決め手!余白の使い方を覚えよう!

レイアウトには余白が必要になります。一時期私も「余白を制する者はデザインを制する!」なんて思いこんで余白作りに余念がなかった時期がありました。

そこで今回はデザインにおける余白の必要性、使い方についてお話をしていきたいと思います。

 

160917-01

余白が作る空間

余白は空間を作ることができます。

デザインをやりはじめの人はよく文字などの情報を枠いっぱいに詰め込んでしまう人がいます。

これだと見づらくなってしまいます。

 

有名なルビンの壺も空間を生かした形作りの一つです。

001

 

密度があると読みづらい

こちらの文章をご覧ください。どうでしょうか?左の文章よりも右の文章の方が読みやすくありませんか?

160917-03

読みやすくさせるには一定の余白が必要になります。

逆に余白を作りすぎてしまうとまた読みづらくなります。

適度な余白が可読性を増させることが可能になります。

 

余白に空間を持たせよう

160917-02

二つのデザインがあります。余白を作ることで空間を作り出すことができます。

紙面いっぱいに画像を配置するよりも余白があった方が大人っぽい落ち着いた印象になります。

 

決して紙面一杯に写真を配置してはいけないわけではありません。逆に紙面いっぱいに画像を配置すると勢いがある印象に変わります。

 

持たせたい印象によって余白をコントロールしよう

余白は適宜使用することで効果的になります。

落ち着いた印象を持たせたいときや視線の先に余白を作ることで空間を演出したりと余白の使い方によって抱く印象は変わります。

 

あなたはどんなデザインを作りたいですか?

 

作りたいイメージやデザインによって余白の使い方は大きく変わります。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. 百聞は一見に如かず。画像でプロモ!instagram(インスタグラム)…

  2. はい!集まって~グルーピングで見やすくレイアウトしよう!

  3. カーラッピングの相場と利用している業種

  4. レイアウトをマスターしよう!アクセントと調和編

  5. やっぱり読みやすい!明朝体の基礎 / デザイン基本の「き」

  6. 力強い!ゴシック体の基礎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA