明朝体の欧文版!セリフ体の基礎知識

明朝体の欧文版ともいえるセリフ体。皆さんはこのセリフ体に様々な種類があるってご存知でしたか?

大きく分けて4つに分かれるセリフ体。そんなセリフ体の基礎についてお話をしてまいります。

 

伝統的な書体

セリフ体は明朝体と同じく文章を読ませるために作られた書体です。ですので読みやすさに考慮されております。

歴史的にも古い歴史があり、西暦113年にはすでにセリフ体としての書体が完成していたとされています。

セリフ体には大きく分けて4種類のものがあります。「オールドローマン」「モダンローマン」「トランジショナル」「スラブセリフ」に分けることができます。

 

オールドローマン

161013-02

セリフ地の中でも最も古く伝統的な書体です。ペンで書いたような印象が特徴的です。このほかにも特徴があり小文字の「e」が水平で「O」も垂直の物をゲラルド。

逆に小文字の「e」と「O」が斜めに書かれているのがヴェネチアンと言います。

161013-03

手書きの様な温かみがありながらも文体としてはしっかりとしているので長く愛されて使用されています。

 

モダンローマン

161013-04

モダンローマンは現代的な印象で線の太い部分と細い部分のメリハリがはっきりとしている書体です。

明るく開放的な印象がありどちらかというと女性的な印象があります。

 

トランジショナル

161013-05

トランジショナルはオールドローマン、モダンローマンの中間に位置する書体です。現代風な印象がありながらもペンで書いたような線の抑揚が見られます。

形もやや縦長にデザインされており新聞や本などの文章でも使いやすいように配慮されています。

 

スラブセリフ

161013-06

スラブとは「厚みのある板」の事を指します。スラブセリフは丸みを帯びたものもあればがっしりとしたものもあります。

こちらはモダンローマンの逆をいくイメージで男性的な印象があり、見出しやタイトルに使用されます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?セリフ体と一口に言ってもその種類はたくさんありますね。

デザインするものがどんなターゲットを対象に作られているのかをはっきりとさせて書体を選択するようにしましょう。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. 業種別でみるホームページに必要な基本コンテンツ

  2. jpg? png? gif? 拡張子の違いって何??

  3. 2015,09,23 K様オーダーピアス

  4. 【保存版】ホームページ制作に悩んだらチェックしておきたい!お悩み別おす…

  5. ランディングページと普通のページってどう違うの?

  6. Diantのホームページ制作サービスをおさらいしよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA