情報を整理して綺麗に見やすくさせてみよう!

デザインをする中で情報を整理して的確に伝える事は大切な事です。

この整理の仕方次第で見やすさや読みやすさは大きく変わります。

今回はそんな情報の整理の仕方についてお話をしていきたいと思います。

 

情報を分類しよう

クライアントから依頼される情報からデザインを製作しますが、そのもらった情報の中からグループごとに区分けをして伝えたい情報を明示しましょう。

 

例:クライアントからの依頼内容

  • 真夏の灼熱フェスタ
  • 17:00~20:00
  • ○○県○○市○○○○○○
  • 8月10日(水)
  • 金魚すくい
  • かき氷
  • 焼きそば
  • たこ焼き
  • 射的
  • メインステージにて歌手の○○さん登場

これらを簡単に整理してみると

160912-02

 

こんな感じになります。

解説していきます。まずは情報のブロック化が必要です。次に主題の部分。一番に何を伝えたいかです。

160912-03

詳細情報はまとめて表示させることで見やすくなります。

さらに詳細情報を小さめの文字にすることで対比である「真夏の灼熱フェスタ」が際立つ形になります。

 

この様なジャンプ率を活用して文字によりインパクトを付けることができます。

 

揃えは統一して

文字揃えは統一することで読みやすさが増します。

160912-04

今回は左揃えにしましたが、右揃えの場合でも中央揃えの場合でも同じです。

 

文字の大きさで優劣をつける。

文字の大きさで重要性の優劣をつけることができます。

例えば最初のこのデザイン。

160912-02

 

これだと「メインステージ…」の部分は少し弱さがありますよね。

160912-05

こうすることでより強調させることができました。文字の太さや大きさで主張したい優先事項が変化します。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?情報をまとめることでデザインはより一層良いものへと仕上がっていきます。

並びの整列のさせ方や文字の大きさ細かな部分ですが、この細かな部分こそがデザイン全体のバランスに波及します。

デザインをする際はこういった細かな部分にも配慮して制作するようにしましょう。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. 宝の持ちぐされにならないホームページ活用方法

  2. 原点回帰!ホームページの必要性

  3. 一目でわかる!ホームページ制作から運用まで

  4. ゴシック体の欧文版!サンセリフ体の基礎知識

  5. ホームページに熱い想いをぶつけろ!!ホームページを制作する前に準備する…

  6. 初心者必読!絶対覚えておくべきWebマーケティング用語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA