ゴシック体の欧文版!サンセリフ体の基礎知識

ゴシック体の欧文版ともいえるサンセリフ体。

サンセリフ体は広告や看板など目立つところに使用されています。そんなサンセリフ体についてお話をしてまいります。

 

目立たせたいときに使う書体

広告や看板などの瞬間的にインパクトを残さなければならない媒体が活発的に普及され始めたころサンセリフ体は誕生しました。

視認性が高く明るく開放的な印象がありこれらの特徴から看板や広告などに多く使用されています。

サンセリフ体は4種類に若えることができます。「グロテスク」「リアリスト」「ジオグラフィック」「ヒューマニスト」の4種類です。

 

グロテスク

161015-02

サンセリフ体の書記に登場した招待であるグロテスクは大きく目立たせるために作られました。古風な印象があります。

 

リアリスト

161015-03

リアリストはその見た目と使いやすさからどんなシーンでも使用されます。読みやすく文章からタイトルまで様々な部分で使える万能タイプともいえます。

しかし個性があまりないので事務的な印象に取られてしまう面もあります。

 

ジオメトリックス

161015-04

図形の様な印象があるジオメトリックスはシンプルな造りとその丸みを帯びた印象から個性的、未来的な印象を持たせることができます。

 

ヒューマニスト

161015-05

 

ペンで書いたような温かみのある印象のあるヒューマニスト。温かみがあり優しい柔らかい印象を持たせることができる書体です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?サンセリフ体にも多くの種類がありました。

それぞれの特長を生かしてデザインに反映していきましょう。

関連記事

  1. Diantのホームページ制作サービスをおさらいしよう!

  2. デザインとアートの違いって何だろう。

  3. なぜホームページを持つの?目的を決めなきゃホームページは意味がない!

  4. 一目でわかる!ホームページ制作から運用まで

  5. 【保存版】ブログ投稿を一通りマスターしよう。 / WordPressの…

  6. ただ走らせているだけではもったいない!初期投資のみでできる走る広告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA