やっぱり読みやすい!明朝体の基礎 / デザイン基本の「き」

日本語のフォントには様々な種類があります。

その中でもメジャーなフォントと言えば明朝体やゴシック体などのフォントです。

 

それらのフォントにはそれぞれどんな意味があるのでしょうか。

今回は明朝体の特徴についてお話をしていきたいと思います。

 

160920-01

読みやすさと信頼性

明朝体はまず可読性が高いところが特徴といえます。小説などの長く読ませるものに対しては明朝体が使用されています。

また和風な印象や信頼感がある印象を持たせる効果もあります。

 

160920-02

 

ゴシック体と比べてみましょう。

どうでしょうか?これら二つの印象の違いを感じることができますでしょうか。

 

明朝体はスマートな印象を受ける一方ゴシック体は力強い印象を受けますよね。

同じ文章でも読み手の感じ取り方の違いが表れる部分でもあります。

 

形の特徴

明朝体の形の特徴として、筆で書いたような形を含んでいるので、和風な印象や信頼感があるように見えます。

同じ明朝体でもフトコロの大きさなどで与える印象がさらに細分化されていきます。

 

160920-03

文字の重心の高さなどでも与える印象が変化します。

一般的に字面が広くフトコロが広い方がカジュアルな印象で、逆に字面が狭く、フトコロが狭い書体は信頼感がある印象となります。

 

また明朝体は筆で書いたような起筆や収筆、はらい、はねなどがあります。

160920-04

 

最後に

いかがでしたでしょうか?明朝体はめちゃくちゃ汎用性が高いです!

ゴシック体で作っていたデザインでも明朝体に換えるだけで印象ががらりと変わります。

デザインに煮詰まってきたらフォントを変えて印象を変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. デザインの役割ってなんだろう?

  2. なぜコンテンツ制作には3ステップあるのか?

  3. ホームページの更新は簡単!ホームページで集客するときにやること

  4. お客様とつながる!集客に適したもう一つのLINE【LINE@】

  5. 80対20の法則を知ろう! / デザインの法則

  6. なんでデザインは必要なんだろう?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA