レイアウトの決め手はジャンプ率!差を作って目立たせよう!

レイアウトにアクセントをつける手法としてジャンプ率というものがあります。

このジャンプ率によって目立たせたい部分をより目立たせることができたり短時間で目に留まるようにしたいときに一役買ってくれる手法です。

 

今回はそんなジャンプ率についてお話をしてまいります。

 

ジャンプ率とは

ジャンプ率とはデザインの中でこの情報は目立たせたいというときに使用するデザイン技法の一つです。

通常文字の大きさは一定になっていますが、目立たせたい部分の文字を大きくすることによってユーザーは文字の大きなところに注目が行き目に留まるようになります。

161009-02

上記のチラシの場合文字を価格をまず見てもらいたいので価格を赤字にし大きくしました。

左はその文字を他と差の少ない大きさに変えました見て分かるように大きさのインパクトによって目に入る部分が変わります。

 

写真にも適応できる

ジャンプ率は写真にも適応させることができます。

161009-03

やはり均一に写真を並べるとカタログ的な印象になりますが、右側の場合上部の写真が大きく映っているのでまずそこに目が行きます。

さらに大きさによって下の四枚の画像がサブ的な要素のように見えます。

 

名刺やポスターに使われるジャンプ率

これらのジャンプ率と言う技法は名刺やポスター、チラシなどに多く使われています。

瞬間的に見てもらい一番伝えたい内容で目にとどめてもらうそして印象を残すといった方法でユーザーに対して一番伝えたい情報を操作することができます。

またこのジャンプ率が大きければ大きいほどメリハリがつきよりインパクトの強いデザインとなります。

 

インパクトや活気を演出したいときにはジャンプ率は有効的ですが、落ち着いた印象にしたいときには逆にジャンプ率は低い方が落ち着いた印象にさせることができるでしょう。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. WEBの世界は急成長中!ホームページは持つ時代から創る時代へ

  2. 想いを載せて走る。Diantのカーラッピング

  3. カメラ初心者でもできる料理の写真を上手に撮るために意識すること6つ

  4. やっぱり読みやすい!明朝体の基礎 / デザイン基本の「き」

  5. エラーページTシャツをリリースしました。

  6. 初心者必見!2つの基本と4つのルールで撮る!良い写真の撮り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA