力強い!ゴシック体の基礎

日本語フォントにはそれぞれ特徴がありますが、特に汎用性が高い明朝体とゴシック体。

ゴシック体は明朝体と比べて和風な印象がなく、力強い印象があります。

 

そんなゴシック体についてお話をしていきたいと思います。

 

160921-01

カジュアルな印象なゴシック体

ゴシック体は親しみやすさがあります。明朝体の場合可読性や信頼感が高いですが、

ゴシック体はややポップな印象、親しみやすさがあり、身近な印象を持たせることができます。

160921-02

上記の文を見てどんな印象を持ちますでしょうか。

上のゴシック体の方が親しみやすさやカジュアルな印象を持ちませんか?

 

太さによって印象も大きく変わる

ゴシック体は太さも印象が大きく変わります。

160921-03

やはりインパクトを持たせたいときは太い文字を選ぶと良いですよね。

細い方は華奢な印象を持ちますので、繊細な感じを演出したいときは細めの文字を選ぶと良いです。

 

鮮明な太さを持つ

ゴシック体の良さと言えば線の太さです。

線がしっかりとしているので、自然と力強い印象を持たせることができます。

字面も親しみやすく偏りがありません。明朝体と比べると現代的で中性的なイメージです。

 

太さとしっかりとした線のおかげでジャンプ率も効果的に使うことができます。

160921-04

線がしっかりしてくれているおかげで、どこにインパクトを持たせたいのか、デザイナーの狙いがユーザーの印象とマッチしやすくなります。

そんなゴシック体ですが、高級感を出すものにはあまり適していません。

 

160921-05

高級フレンチなら明朝体の書体の方が高級感を感じることができます。

かわって、ラーメン屋さんなら高級感よりも親しみやすさが必要ですよね。

 

印象をコントロールする力を持つフォントは使いどころによって大きく変化します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ゴシック体にはカジュアル性やインパクトを持たせたいときに力を大きく発揮します。

文字の形や太さを色々試してみて印象がどれだけ変わるか試してみてはいかがでしょうか。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. ライフライン&ビジネスツール【Twitterのはじめ方】

  2. 出力が違えば色の出し方も違う!RGBとCMYKの違い

  3. 情報を整理して綺麗に見やすくさせてみよう!

  4. 80対20の法則を知ろう! / デザインの法則

  5. 広告デザインの種類はどれくらいあるのだろう。

  6. はい!集まって~グルーピングで見やすくレイアウトしよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA