デザインの役割ってなんだろう?

デザインってどんな役割があると思いますか?

デザインにはどんな役割が必要なのか考えてみたいと思います。

 

単にカッコイイやかわいいだけではデザインの役割を果たせているのでしょうか。

それでは解説して参ります。

 

中身を理解してもらう。

デザインはまず中身・内容を理解してもらえることが重要です。

中身を理解してもらえなければデザインの役割を果たせていません。

 

イベントであれば、場所・日時・概要、どんな事をやるのかなどを分かりやすく知らせなければなりません。

理解してもらうためには図で表記するべきなのか、文字の大きさは的確なのか、色合いは大丈夫かなどの配慮が必要です。

 

印象付けをしよう

デザインするものを理論的にではなく直観的に理解してもらえるデザインであることも大切です。

文字で理論的な部分の理解をしてもらい、色や形などで直感的に理解してもらうイメージです。

 

かわいい物をデザインする上で告知のポスターがとげとげしく、黒や赤などの色合いであるとかわいいの印象は薄れてしまいます。

 

興味を持ってもらう。

興味を持ってもらう事もデザインの役割として重要の項目の一つです。

目を引くデザインや強調したい部分などクライアントの意思を尊重しながらそのデザインを目にするユーザーに共感してもらえるようなデザインを心がけることが大切になります。

 

目的を達成するためのデザイン。

デザインは目的を達成するためにあります。それらを認知してもらうのか、集客を目的としているのか、売り上げを伸ばすことが目的なのか、その商品の魅力を最大限引き出すことが目的なのか。

目的を絞ることでデザインの方向性というものも見えてきます。

 

デザインでコミュニケーションをとろう。

デザインは人と人をつなぐコミュニケーションの役割も持ちます。クライアントの意思を聞き、ユーザーの共感を呼ぶ。この一連の流れをスムーズにさせることもデザインの役割と考えます。

どちらか一方通行のデザインは好まれません。クライアントの認知レベルとユーザーの認知レベルは必ずとも一致しないのが通例です。

 

それらの認知レベル、認識を同じ高さの目線にしてあげることもデザインだからこそなしえる事でしょう。

 

期待感などの含みを持たせる。

「このイベントと面白そう!」「この商品便利そう!」などユーザーの好奇心を揺さぶる事もデザインの役割の一つと言えるでしょう。

興味・関心は人それぞれです。人によって興味を引くトリガーは異なります。

世相やトレンドなども加味しながらクライアントとユーザーをつなぐデザインを心がけなければなりません。

 

インパクトだけがデザインじゃない。

一見のインパクトがあるデザインは興味を持たせるのに有効ではありますが、すべてがそうとは限りません。

落ち着いた雰囲気を演出したいのにインパクトがある絵を持ってきてしまうとユーザーの受け取り方は変化してしまいます。

クライアントがどのようなブランディングをしたいのかなどを考慮したデザインをしましょう。

 

コミュニケーションが大切。

デザインの役割はコミュニケーションをすることが大切だと考えます。

クライアント、ユーザー。言い換えるならば発信者と受信者、双方の意思と思いが重なることでデザインの役割を果たし、的確に分かりやすく伝えることが大切だと考えます。

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. 結局どっちが良いの?無料ホームページ制作と制作会社への依頼

  2. 似ている色で配色づくり!類似性を生かした配色テクニック

  3. はい!集まって~グルーピングで見やすくレイアウトしよう!

  4. 想いを載せて走る。Diantのカーラッピング

  5. 自社サイト代わりにSNSを使うといけないわけ

  6. 広告宣伝車の施工と効果を出す方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA