デザインの目的って何だろう

デザインの目的って何だと思いますか?

良いデザインをして制作物を仕上げること?

アッと驚くものを作ること?

 

色々な意見があると思います。今回はデザインの目的とは何だろうかというところにフォーカスしてお話をしていきたいと思います。

 

以前デザインとは何だろうという事に触れました。

デザインとは何だろう?

 

設計・伝達・機能性この三つがデザインをデザインとするものという定義のお話をしましたが、

デザインの必要性や需要を考えて目的について迫っていきたいと思います。

 

漠然としたイメージをもつお客さん

私たちのところにお客さんから依頼が来るときは、高確率で漠然としたイメージをもって依頼をされます。

160727-02

一言でいうなら、

 

もやもや

 

この「もやもや」を鮮明にしてあげるのもデザインの目的の一つだと考えます。

 

伝達に特化した手段

デザインはやはり伝えることです。依頼を頂くお客さんのイメージや目的を形にし、見た人に正しく伝えなければいけません。

160727-03

正しく伝わらなければアッと驚くものを作れても意味がありません。

 

情報社会となった今の時代、正しく伝わらないことも多くあります。

制作者や事業者の意図とは違った解釈をされてしまう事も珍しい話ではありません。

 

ターゲットに伝わるようにする。

何かの事業を知らせる際にターゲットがいるはずです。

高齢者なのか、若者なのか、

男性なのか女性なのか。

 

これらのターゲットを明確にすることでデザインの目的をより明確に打ち出すことができます。

 

・とりあえずおしゃれでかっこよく

・20代男性が興味を持ちそうなデザイン。

 

この二つであれば後者の方がよりブラッシュアップされたデザインを製作できそうですね。

 

思考を形にするということ。

僕はこのデザインというお仕事はとても好きで楽しくやらせてもらっています。

なぜ楽しいかというと、そこに熱量を感じ取れるからです。

 

人の想いというのは熱量があります。その高い熱量に対してデザインをしていくとなると簡単な事ではないですがやりがいはあります。

正しく伝えたいというデザイナーの想いと多くの人に伝えたいという事業者の熱量この二つの想いが合わさるといいデザインが生まれると考えています。

 

強みや想いを形に出来る。

デザインは強みや想いを形に出来ます。

形に出来るという事は、個人の頭の中にあるものが沢山の人と共有できるようになるという事です。

 

世の中には素晴らしいサービスや素晴らしい想いを持った事業者の人が多くいます。

街で見かけるポスターや新聞折り込みのチラシやスマホで見るホームページにもデザインを通して想いや強みを訴えかけています。

一度気にしてみてみると意外な発見があるかもしれませんよ。

 

まとめ

  • デザインは漠然としたイメージを形にできる。
  • お客さんのもやもやを鮮明にしてあげることができる。
  • デザインは正しくわかりやすく伝えることができる。
  • 思考を形にすることが目的。

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. 配色の基本を極めよう

  2. 今さら聞けない!ホームページってどんな効果があるの?

  3. ホームページに熱い想いをぶつけろ!!ホームページを制作する前に準備する…

  4. 百聞は一見に如かず。画像でプロモ!instagram(インスタグラム)…

  5. Web初心者は必ず知っておきたい!CMS・WordPressのキホン

  6. 制作会社が語る!ホームページ制作依頼前にチェックしておきたい5つの項目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA