デザインから見るカメラに関するいろは

デザインで使用する画像は撮影の際に気を付けるべきポイントがいくつかあります。
良いデザインを製作する上で良い素材写真は欠かせません。
今回はそんなデザインから見るカメラ、撮影のイロハについてお話をしてまいります。

 

デザインで使う事を前提に

撮影をする際にまず前提として頭に入れておきたい事が、デザインで使用する画像を撮影するという事を前提にしておきたいと思います。

まずは撮影目的の物を中心に撮影アングルを決めます。あまり近すぎてしまうと画像をトリミングする際に見切れてしまったりなどしてしまう可能性があります。

 

なので人物を撮影する際にも人物全体を撮影しておけば様々な用途で使用する事も出来ます。

 

レイアウトを決めておく

一番良いのは制作するデザインのレイアウトや撮影素材をどのように使用するのかなどを撮影前に決めておけば撮影時にどのように撮影するべきかなどもスムーズに行う事ができます。

また写真内に文字を入れるレイアウトなどの場合、文字を入れる位置などもあらかじめ想定して撮影をするようにしましょう。

余白を作りながら、文字位置を想定した写真を撮ることができれば急なレイアウト変更なども起こらずに済みます。

 

加工前提で

最近では様々な画像加工ソフトがあります。なので撮影の際にも元画像として撮影をする意識も必要になります。

撮影する対象の物をどのように見せるかを加工で演出させることもできます。

なので撮影時には様々な加工を想定してよりニュートラルな画像を撮影できるように心がけるようにしましょう。

 

レンズを使い分けよう

撮影する対象に合わせてレンズを変更する事も大切です。

景色を撮るのか人物を取るのかなど様々な用途に合わせてレンズを選択するようにしましょう。

小物を撮る際にはマクロレンズ、風景の際には広角レンズと言った具合に使用用途に合わせてレンズを選択できるように様々な撮影シーンを考えてレンズを用意しておくようにしましょう。

 

最後に

カメラはとても奥が深いです。なので極めようとすると本当に様々な事を覚えなければなりません。

なのでデザインをする上でおさえておくべき基本的なカメラ知識をまずは覚えて、デザイン時に滞りがないようにしておくようにしましょう。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. カーラッピングの相場と利用している業種

  2. 80対20の法則を知ろう! / デザインの法則

  3. レイアウトは余白が決め手!余白の使い方を覚えよう!

  4. デザインをよりデザインらしくするレイアウトの構成要素

  5. イマドキのマーケティング!ビジネスツール【LINE@のはじめ方】

  6. 気楽で気軽に情報収集&拡散!ツイッターの特徴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA