大きな違いが調和する明瞭性の原理

ジャッドが提唱した4つの色彩の調和論の一つでもある明瞭性の原理について解説をしてまいります。

明瞭性の原理は皆さんのよく目にするものも多くありますので是非おさえておくようにしましょう。

 

明瞭性の原理とは

色がはっきりと区別できる色の組み合わせ、または明度が異なる色彩は調和するという考え方が明瞭性の原理と言います。

コントラストの差が明快な色同士は調和しやすいとされています。

 

ピコロール

明瞭性の原理を生かした配色技法の一つです。コントラストがはっきりと2色に分かれている配色技法の事を指します。

161025-02

この2色には白や黒も含まれます。明快で動的な印象があります。

 

トリコロール

こちらはコントラストがはっきりと分かれた3色の配色技法の事を指します。

国旗などにも使われている配色があります。こちらも白や黒も含まれます。

白と黒を加えると明瞭感とシャープさが増します。

161025-03

 

最後に

色の調和をさせることで見え方が大きく変わります。

ジャッドの色彩調和論を使ってより調和した見やすい色使いを心がけるようにしましょう。

関連記事

  1. WEBの世界は急成長中!ホームページは持つ時代から創る時代へ

  2. Web集客には欠かせないKGIとKPIってなに?

  3. なんでデザインは必要なんだろう?

  4. ホームページを作ったら!準備すべき運用への備え

  5. 自然の色は入りやすい!なじみの原理で見やすいデザイン

  6. レイアウトの決め手はジャンプ率!差を作って目立たせよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA