ディアントのブランドストーリー

ディアントがデザインとブランディングに込めている想い

本当に良いものを多くの人に伝えたい。

私たちデザインスタジオディアントは、「本当に良いもの価値があるもの」を正しい方法で多くの方々へ広めていきたい。事業者様の「こうなりたい」「こう見てもらいたい」をカタチにするデザイン業務を行っております。本当に価値あるものを伝える時には無駄な装飾などは要らずシンプルに相手の心へ訴えかけるものです。そんなシンプルでありながら的確に相手の心へ響くデザインを日々追及しております。

根幹からデザインを考える

本当に良いものをや価値があるものを伝えるには何が必要なのか。自社のサービスや事業を分かりやすく、より多くの人達へ認知させるためにはデザインの力が必要となります。相手の心へ響くデザイン、想いが伝わるデザインには必ず想いやコンセプトが詰まっています。伝えたいことをブラッシュアップし、誰に何を伝えるべきなのかを追求したデザインを行います。

量産しないこだわり

ディアントは少人数で運営するデザイン事務所です。したがってデザインは大量に制作する事はできません。大量に作れない分、お客様一人一人と想いやコンセプトを元に丁寧に作り上げてまいります。さらにブランディングを意識したデザインを行うので全てに統一感とイメージの共有を得る事が可能となります。

情報を選択する時代へ

インターネットの普及により以前よりも増して情報の量は膨大な数になっています。TV・ラジオ・雑誌・インターネット数多くの媒体から日々情報を取捨選択しています。正しい情報・価値として魅力を最大限発揮するデザインを目指し、かつシンプルで伝わりやすいデザインにこだわり続けています。