【保存版】ブログ投稿を一通りマスターしよう。 / WordPressの教科書

私達の制作するホームページはCMSのWordPressという物を使用しております。

ブログ投稿型のホームページで自社をアピールするには最適なサービスですのでおすすめをしております。

全体の構築後に納品後クライアント様がブログの更新等を極力お願いしているのですが「更新の仕方が分からない」等お声を頂きます。

納品時にレクチャーとオリジナルの説明書をお渡ししておりますが、Web上でも確認して頂ける様記事としてご説明して参ります。

ご利用のテーマなどによって多少の違いがございますのでご注意ください。

ログインしてみよう

01

ワードプレスにログインをしてもらうとこの様な画面になります。画面左のバーにはダッシュボードから始まり様々なメニューがございます。そのメニューの中の「投稿」にマウスポインターを乗せてみましょう。

投稿のメニュー

02

投稿メニューは4つに分かれております。

  1. 投稿一覧…今まで投稿した記事の一覧を確認できます。
  2. 新規追加…新たに記事を制作すること気はこちらを。
  3. カテゴリー…記事毎にカテゴリーの指定が出来ます。お知らせや日記などニーズに合わせたカテゴリーを作れます。
  4. タグ…記事毎に複数のタグをつける事が出来ます。

カテゴリーを作ってみよう。

03

カテゴリーをクリックすると4つの入力項目が出てきます。

  1. 名前…カテゴリー名を入力しましょう
  2. スラッグ…URLに記載する際の名称です。英数字入力を推奨します。
  3. 親…カテゴリーを階層分けする事が出来ます。「ラーメン」と言う大カテゴリーの中に「つけ麺」の中カテゴリーと言ったイメージ分ける事が出来ます。
  4. 説明…カテゴリーの説明を入力できます。テーマによっては表示するテーマもあるので良く確認をしてから入力しましょう。

注意点:あまり細かくカテゴリーを作りすぎると逆に見づらくなる場合がありますので注意しましょう。

記事を投稿してみよう。

次に投稿なので投稿メニューの「新規追加」をクリックしましょう。

04

投稿画面は上記の様な感じになっております。

  1. タイトル…ここに入力した文字が記事のタイトルになります。
  2. パーマリンク…記事のURLの部分になります。こちらも英数字を推奨します。
  3. メディアの追加…画像などを挿入する際に使用します。
  4. 公開…公開時の指定が出来るエリアです。
  5. メニューバー…ここで文字の装飾などをおこないます。
  6. 本文入力…本文入力欄です。右上にビジュアルとテキストがありますが、HTML入力を行う際はテキストに切り替えて入力を行いましょう。
  7. カテゴリー…記事の属性カテゴリーにチェックを入れます。
  8. タグ…記事に関連のある単語をタグとして入力しておきましょう。
  9. アイキャッチ画像…記事を開く前にサムネイルの画像をしてする事が出来ます。

おすすめしたいメニューバー

ブログ投稿をする際におすすめのプラグインが「TinyMCE Advanced」です。私達が制作するHPも標準搭載しております。

05

各種設定を行うと下記赤丸部分の「メニューバー切り替え」ボタンが出ます。クリックするとメニューバーのアイコンが増えました!

主に使用するであろうアイコンの説明をいたします。

 

見出しを決めよう。

08

左上の「段落▼」の部分をクリックすると入力時の形式を選択できます。

通常の文章は段落で構いませんが見出しなどは見出しを指定してあげましょう。

見出しの詳しい説明は別記事でご紹介して参ります。

 

文字をいろいろ変えてみよう。

09

上記のアイコンを使用すると左の様な文字の加工が出来ます。もちろん組み合わせてみても面白いでしょう。

色などを付けすぎてしまうと見づらくなってしまいますので、あくまでアクセント程度にとどめておきましょう。

 

その他のメニュー

15

リストを記事中に記載したい時はリストアイコンで任意のリストを制作してみましょう。リストを終わらせるときはエンターを2回打ちます。

打消し線や横ラインは適宜使用する事で可読性がアップします。

 

寄せを使って見せ方を変えてみよう。

 

右寄せや左寄せなどを使って画像と文字を上手く段組みする事も可能です。

左寄せの場合

10

右寄せの場合

11

スマホ版の見え方などを良く確認してから使用するようにしましょう。場合によってはレイアウトが崩れる場合もあります。

 

リンクを貼ってみよう!

一通り記事を作れるようになってくると今度はリンクを張る必要性が出てくることもあります。「取引先のHPをブログで紹介したい!」「ここのお店をブログに載せたい!」などそんな時にはリンク機能を使用しましょう。

12

まずはリンクを貼りたい文字列を選択しましょう。

13

次にリンクボタンをクリックすると入力欄が出ますので入力をしましょう。歯車のマークの設定ボタンをクリックすると

14

詳細なリンクの設定が可能です。リンクを新しいタブで開くにチェックを入れておくことで、他のサイトにリンクを飛ばした際にも自社サイトは残りますので他サイトのリンクを貼る時はこちらを使用しましょう。

いかがでしたでしょうか?トライしてみると意外と簡単ですので挑戦してみてはいかがでしょうか?

ご不明点など弊社をご利用されたことが無い方でもお気軽にお問い合わせ下さい。

 

簡単に更新できるならホームページ欲しいっという方へ

デザインスタジオDiant(ディアント)はホームページ制作サービスを行っております。私たちの行動規範である「なりたいをデザインする」をコンセプトにお客様に満足いただけるホームページ制作を行っております。気になった方は是非ディアントのWeb・ホームページ制作からサービス内容をご確認ください。

このほかにもデザインに関する事なら何でもご相談ください。サービス一覧はこちらから

ロゴやチラシ、名刺、SEO対策まで!様々な分野でお客様をサポートいたしております。合言葉は「デザインに関する事ならディアントへ!」是非ご相談ください!

関連記事

  1. レイアウトの目的って何だろう?

  2. 見た目で勝負!パッケージデザインの基本

  3. エディトリアルデザインとはなに?

  4. 本当は危険!「とりあえずホームページを持つ」がもたらす3つの罠

  5. 文字の基礎を覚えればデザインは楽しくなる!

  6. どんなキーワードでアクセスを増やす?ターゲットキーワードの考え方