jpg? png? gif? 拡張子の違いって何??

Web上で使用する画像や印刷で使用する画像などなど様々な拡張子があります。

拡張子とはjpg、gif等の事を指します。様々種類がありますが、どの様な特徴があるのか解説して参ります。

 

画面上に表示する二つの画像の種類

拡張子の解説をする前に画面上に表示させるために2種類の画像の種類が存在します。

 

「ビットマップ画像」

「ベクトル画像」

 

この2つの種類の画像があります。

ビットマップ画像の特徴

フォトショップはビットマップ画像を加工する目的で作られたソフトです。

ビットマップ画像には滑らかな諧調表現で細かいグラフィックの処理見向いています。

ピクセルの集合体であるビットマップ画像は拡大するとぼやける事があります。

 

ベクトル画像の特徴

イラストレーターはベクトル画像を加工する目的で作られたソフトです。

代わってベクトル画像は複雑なグラフィック処理やビットマップ画像などの細かい処理は出来ないが容量が軽く、拡大や縮小をしても画像がぼやけたり粗くなったりすることもありません。

 

拡張子の種類

これらの画像の種類を踏まえたうえで各拡張子の種類について解説をしてまいります。

PSD拡張子

アドビフォトショップというソフトの機能情報を含んだデータを保存することができる拡張子です。

フォトショップ以外のソフトの場合その中のデータを引き継ぐことができないので注意をしましょう。

 

JPEG拡張子

jpgやjpegなどの拡張子の名称で知られている拡張子です。

デジカメなどの写真やWeb上で使用されている画像に多く使用されている拡張子です。

画像の色の情報を維持して保存されますが、そのほかのデータの一部が破棄されて圧縮されて保存されます。

圧縮レベルが高いほど画質は粗くなります。

 

GIF拡張子

Web上でよく使用されており、画像内の色数を最大256色に変換して画像ファイルの大きさを小さくし転送時間を短縮する目的で作られました。

色数が決まっているシャープな画像の保存に向いており、パラパラ漫画の様に連続した画像を含めることができるので、

アニメーションの様なデータにすることに長けています。

 

PNG拡張子

こちらもWeb上でよく使用されています。

GIF拡張子に代わるものとして開発された拡張子で透過させることができたりフルカラーで保存することができます。

印刷には適していないので注意をしましょう。

 

ESP拡張子

ベクトル画像やビットマップ画像の両方を含めることができる拡張子です。

CMYKと呼ばれる印刷に適したカラー表現の保存に適しています。

 

PDF拡張子

書類や画像を含む書類データなどに適した拡張子です。

各パソコンの環境に依存せずにデータを保存することができますので書類のやり取りに適しています。

ウィンドウズやマックなどの環境にも依存しないので非常に便利な拡張子です。

 

BMP拡張子

ウィンドウズに古くからある拡張子で非圧縮した画像形式で印刷データとしては適していません。

RGB、インデックスカラー、グレースケール、モノクロ2諧調の各カラーモードがサポートされています。

 

TIFF拡張子

各OS間のファイル交換などに使用される拡張子です。

この拡張子は非圧縮でファイルサイズは大きくなりますが、データ内のカラーデータや画像編集データなどすべてのデータを保持することができます。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. レイアウトをマスターしよう!流れと分け方編

  2. 超便利!パソコンがなくてもワードプレスが更新ができる!hpbpadアプ…

  3. Facebookページを知ろう

    超便利!Facebookページ(ファンページ)とは

  4. ホームページの更新は簡単!ホームページで集客するときにやること

  5. 広告デザインの種類はどれくらいあるのだろう。

  6. レイアウトは余白が決め手!余白の使い方を覚えよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA