意外に多い!エラーページの種類を確認しよう!

WEB上でたまに見かけるエラーページと言えば、

「404 NotFound」などがあります。

 

これなんで404なんでしょうか?

 

こんなふとした疑問ではありますが、気になるものは気になりますよね。

今回はそんなWEB上でたまに見かけるエラーページの意味と原因についてお話をしていきたいともいます。

 

この数字はなに?

まずはこの404やら503やらのご説明からしてまいります。

これきちんと順番が合って100番台から存在します。

  • 100番台 情報処理中
  • 200番台 リクエストの処理成功
  • 300番台 リダイレクト

になります。

エラーページと呼ばれるものは、これ以下の400番台と500番台になります。

  • 400番台 クライアントのエラー
  • 500番台 サーバーのエラー

っとこのように数字によって分けられます。

 

それでは400番台と500番台の主なエラー内容と原因などについてお話をしてまいります。

 

400-Bad Request

ブラウザから送信されたリクエストに不正があったときに発生するエラー内容です。

最近のブラウザ(インターネットエクスプローラーやグーグルクロームなど)は拡張機能などがついておりそれらが原因でこのエラーが発生する可能性があります。

キャッシュを削除してみたり他のブラウザから確認する対処方法などが考えられます。

 

401-Unauthorized

ユーザー認証などがあるページでIDやパスワードを誤ってしまうとこのエラーページに飛んでしまいます。

アクセス権限がない場合もこのエラーページに飛んでしまう事があったり、サーバー自体のエラーでこのページに飛んでしまう事も考えられます。

 

403-Forbidden

この場合はアクセス拒否が発生しているエラーページです。

アクセスできない環境下でアクセス制限があるページに飛ぼうとするとこのエラーページが表示されます。

 

404-Not Found

この場合は指定したページが見つからなかったときに表示されるエラーページです。

リンク切れや誤ってページを消してしまった時などに起こります。

ユーザーも比較的多く404エラーページに飛んでくる事が多いのでサイト運営者は次のページへの誘導をしてあげるように設定をしましょう。

 

500-Internal Server Error

サーバー内のエラーが発生した際に飛ぶエラーページです。

プログラムや.htaccessの設定などをチェックするようにしましょう。

 

501-Not Implemented

通常あまり見受けられないエラーです。これはブラウザからのリクエストを実行する機能をサポートしていない状態に表示されます。

通常のサーバーはそんなことはないので安心してください。

 

502-Bad Gateway

こちらはゲートウェイやプロキシにエラーが発生している状態に表示されるエラーページです。

ゲートウェイはルーターなどを指し、プロキシはサーバーとインターネットをつなぐシステムを指します。

特定のサイトのみが閲覧できないのであれば原因はプロキシにあると考えられます。

 

503-Service Unavailable

サーバーのスペック以上のアクセスがあった場合負荷に耐え切れずサーバーが白旗を上げた状態を指します。

サイト管理者はサーバーの転送量を上げるなどの処置を講じることで対処が可能です。

 

まとめ

意外に種類ありましたね!

これでも一部なんですが主なエラーページをご紹介したのでこれらを知っておけば対処の方法も自ずと見えてくるはずです。

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. ホームページ集客をおすすめしたい7つのワケと5つの問題

  2. ただ走らせているだけではもったいない!初期投資のみでできる走る広告

  3. えっ!?SEOに向き不向きの商売があるってホント?

  4. 80対20の法則を知ろう! / デザインの法則

  5. 制作会社が語る!ホームページ制作依頼前にチェックしておきたい5つの項目…

  6. 知らなきゃ損!ホームページ制作の正しい相場と仕組み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA