コストと中身で比べる!ホームページ制作後のスタートラインとは?

こんにちは!ディアントのトータルデザイナー三宅です。

ホームページ制作を製作会社へ依頼する際の障壁としてコストの問題や出来上がりの問題、実際に公開して本当に集客や認知度向上などに繋がるのかなど色々と疑問点がありますよね。

そんな疑問点や障壁を取り除くために一つの考え方として中身とコストのバランス。スタートラインの設定というものがあります。

今回はそんな「コストと中身で比べる!ホームページ制作後のスタートラインとは?」についてお話をしていきたいと思います。

この記事はこんな方に向けて書かれています。

この記事は「効率的にホームページ集客をするにはどうすればいいの?」「お金をかければホームページって上手く機能するの?」そんな方向けに書かれています。

 

この記事を読んだらこんなことが分かります。

この記事を最後まで読むことで、有料ホームページと無料ホームページの違いやホームページ運用のお金のかけ方などが分かります。

 

ホームページを持つ目的は何だろう?

161205-02

ホームページを持つ目的について考えていきましょう。ホームページはなぜ持つのでしょうか。

  • とりあえず(名刺代わりに)
  • 認知度をアップしたい!
  • 売上をアップさせたい!
  • 自社ブランディングに活用したい!

などなど事業者様それぞれの思惑やイメージがあるかと思います。

 

ホームページ制作を自身でするにも制作会社へ依頼するにもまずはこの目的を決めていかなければなりません。

ホームページを持つことで起こる状態と狙い一度紙に書き出してみることをおすすめします。

ゴールのないホームページの末路

161205-03

目的が決まっているホームページは、「アクセスしたユーザーに対して○○と言う着地をさせたい!」という何らかの意思があります。

この意思自体がないとホームページは時として逆効果を呼び込んでしまう恐れもあります。

 

目的が決まっていないホームページにユーザーがアクセスをしても何をどうしていいのかわからない。(導線の不配置)

想いには共感できるけれどそもそも全く更新されておらずやっているのかわからない。

など折角アクセスをしてくれたユーザーに適切なアプローチが出来ずにとり逃してしまうことが考えられます。

当然のことながらそのホームページはアクセスをしてもらえずさらには検索順位も伸び悩んでしまう。

ホームページは集客や売り上げアップに貢献してくれないというイメージが根付いてしまいます。

 

無料ホームページの位置づけ

それでは無料のホームページはどうでしょうか?

無料でアカウントを取得出来て視覚的にホームページが作れるというサービスです。

無料ホームページの場合でもテンプレートと言えどもアクセスしたユーザーに対して目的に対しての作りこみや導線づくりをしなければ意味を成しません。

ホームページを意味のあるものにするなら

無料ホームページサービスで一切お金をかけずにホームページを作るとサブドメインと呼ばれるアドレスになります。

これは大元のアドレスがあってサブドメインを振り分けられるといったイメージです。

自身で頑張ってホームページの価値を高めていっても最終的には大元のドメインの価値になってしまうという仕組みのモノです。

無料ホームページでも有料の独自ドメインを持った方が後々の事を考えるとそちらの方が賢明と言えます。

作って終わりなら作らないという選択も

とりあえず作って放っておきたいと考える方もいらっしゃいますが、一切手をかけないのであれば持たないという選択もありだと思います。

更新されずやっているのかいないのかわからないという形で逆効果を生んでしまうのであればいっそ作らないという選択を取ることも大切です。

最も重要なのはホームページ運用

161205-04

ホームページについて考えるべきはホームページの運用方法です。

ホームページに対してどのような目的を持たせてどのような誘導(導線)を張っていくのかを考えていかなければなりません。

折角お金や時間をかけてホームページを作ったのですから売れるもの、商売に役立つものとして活用しなければもったいないです。

どんなコンテンツを作るのか、どんなコンテンツがあれば自社の商品やサービスを理解してもらい成約につなげることができるのかなどなど今のうちから考えておけることはたくさんあります。

コストとスタートラインは比例する!

ここで今回の本題です!ホームページ制作を依頼したい際に金額が高い物安い物とありますが会社によってその差は様々です。

同じホームページでなぜこんなにも差が開いてしまうのでしょうか。解説して参ります。

161205-05

ホームページ納品後のホームページ運用のグラフを作ってみました。

 

ここで注目したいのが作業量と購買や認知への近さを表しているところです。

コストをかければかけるほど作りこめばこむほど認知度や購買に近づいて行きます。

 

注意したいのが高いお金を払えば何もしなくても良いという発想ではありません。

下記の「納品後の難易度」とは納品後事業者自身がホームページ活用のためにどれほど作業や知識が必要かなどを表した難易度です。

とりあえず・名刺代わりのホームページ

価格帯:無料~数万円
納品後の難易度:★★★★★

安価にホームページ制作をしとりあえず構えることができるといったものです。

ここから実際の商売へステップアップしていくにはそれなりの作業や広告費などをかけていかなければなりません。

Diantのホームページ制作:Comtiveプランリースプラン

認知度向上のホームページ

価格帯:数万円程度。場合によっては数十万円
納品後の難易度:★★★★☆

認知度を上げるためのホームページ制作です。もちろん認知度を上げるためにはそれなりの施策が必要ですが、とりあえずのと比べると比較的入り込みがしやすくなっています。

Diantのホームページ制作:シンプルプランスピードプラン

売上アップのホームページ

価格帯:数十万円~
納品後の難易度:★★★☆☆

売上を上げるためのホームページ制作です。実際の売上にさせるためにはそれなりに時間や労力が必要になります。それ相応のランニングコストを試算しておかなければなりませんし上手くホームページを回していく為に様々な施策を施さなければなりません。

Diantのホームページ制作:クリエイトプラン

ブランディングの為のホームページ

価格帯:数十万円~数百万円
納品後の難易度:★★☆☆☆

自社ブランディングをするホームページ制作です。認知度・売上アップはもちろん自社のコンセプトを全面に打ち出した個性も必要とされます。ユーザーへ浸透していくには多少の時間も必要ですのでコストや時間が多くかかる制作です。

Diantのホームページ制作:クリエイトプラン

まずは!”とりあえず”から”ブランディング”へ進化させるために

どの部分を狙うかでもまずは知っておきたい事があります。

これはとりあえずではじめたホームページからブランディングへと昇華させる方法となります。

 

それが自社コンテンツの質と量です。

 

認知度アップにも売上アップにもブランディングにもホームページ内で伝えるべきコンテンツが充実していないとこれらを達成することはできません。

事業に対する想いや知識、制作実績などなど見せ方は様々ですが、それ相応のコンテンツが必要となっていきます。

ただしただやみくもにコンテンツが沢山あるのではユーザーが迷ってしまいます。

ですので、きちんとした戦略の元コンテンツ作りを考えていかなければなりません。

スタートラインを決めたら、サービス・サポートをチェック!

161205-06

制作会社へ依頼するにも、無料ホームページ制作を利用するにも必ずチェックしておきたいのがサービス内容とサポートです。

「作っておしまい」と言う様な制作会社等は注意が必要です。

折角お金をかけて作るのですから意味のある様に形付けられるようにしましょう。

 

その部分でサポート面は重要です。

ディアントでいえばコンテンツマーケティングや広告の運用なども承っています。

更新は自身で行うにしろ困った時のアドバイザーが近くに居るのと居ないのとだとモチベーションにも関わってきますので、安くあげすぎたために意味のないホームページになってしまったという事がないように気を付けましょう。

Diantも安心のサポート&サービス!

私たちディアントもサポートやサービスにはこだわっております。

様々なお客様に対応できるようホームページ制作でも数種類のサービスプランをご用意しております。

 

お問い合わせからお問い合わせを頂ければ訪問をし、どのプランが最適かなどを一緒に考える事も可能です。

さらにサポートでも更新の仕方を細かくご説明した説明書やコンテンツ記事の作り方を細かく解説したe-bookなどを特典として無料プレゼントしております。

さらにサポート用のメールアドレスをお教えいたしておりますのでホームページに関する事を専任のサポート担当が回答してまいります。

まとめ

今回の記事のまとめといたしまして大切なポイントを箇条書きにしてみました。

  • ホームページを持つ目的を決めておこう!
  • 目的によって難易度やコストが変化します。
  • 無料ホームページサービスの利用もよく考えてから利用しよう!
  • 取り組み次第で自身の努力が資産に変わる!
  • サービスやサポートがしっかりした会社を探そう。
  • 更新の意味を理解して自分の商売の発展につなげよう。

こちらの記事を最後までお読みいただきありがとうございます。次におすすめしたいコンテンツがあります。それが…

ホームページを作ったら!準備すべき運用への備え

こちらもかなり重要なコンテンツになりますので是非一読をお願いします。

いいね!&シェアお願いします!

もし周りに「ホームページ制作の金額の違いってなんやねん!」と叫んでいる人がいましたら是非いいね!&シェアをお願いします。たぶんそんな人居ないと思いますのでお気軽にいいね!&シェアお願いいたします。

関連記事

  1. 【保存版】ホームページ制作に悩んだらチェックしておきたい!お悩み別おす…

  2. SEO対策をするなら当たり前!?必ず知っておきたい6原則

  3. レイアウトをマスターしよう!対比と動き編

  4. 原点回帰!ホームページの必要性

  5. ライフライン&ビジネスツール【Twitterのはじめ方】

  6. 本気で仕事をするなら名刺にこだわろう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA