やみくもに更新しない!ホームページ更新に準備しておくべき3つのモノ

こんにちは!ディアントのトータルデザイナー三宅です。

皆さんは自社のホームページをお持ちですか?

ホームページをお持ちでその上で集客を考えていらっしゃいますか??

 

ホームページ集客をするならまずはコンテンツ!ホームページ更新をしなければ!とお考えの方も少なくないと思います。

ですがそのホームページ更新。

 

準備は万全ですか?

 

ホームページ更新をするなら事前に準備をしなければなりません。

そこで今回は「やみくもに更新しない!ホームページ更新に準備しておくべき3つのモノ」です!皆さん是非参考にしてみてください!

この記事はこんな方に向けて書かれています。

この記事は「ホームページを作ったらどんどん更新していくぞ!」「とりあえず興味を持ちそうなコンテンツを作れば良いでしょ!」そんな方向けに書かれています。

 

この記事を読んだらこんなことが分かります。

この記事を最後まで読む事で、ホームページのコンテンツ制作の準備の重要性とその手順・方法を知ることができます。

 

やみくもに更新していませんか?

161129-02

ホームページ集客するならコンテンツが必要だ。

ならとりあえず更新してしまおう!と何も準備をせずに思いついた順から更新をしてはいませんか?

何もやらないよりかはそれでよいと思います。

 

ですが!ちょっと待ってください!

 

準備をしてより戦略的に計画的に記事を製作したほうが効率的で反響もわかりやすいですよ!

 

やみくもに記事を書いていると、どの記事がユーザーにとって良い記事でどの記事がスコアの悪い記事なのかが分からなくなってしまいます。

さらに言えばその記事を読んでユーザーに何をさせたいのかなどの着地を決めておかないとより計測がしづらくなってしまいます。

 

ホームページ更新も戦略的に

161129-03

ホームページでちゃんと集客するなら、きちんとした目的を持ち、ターゲットを決めて更新をするようにしましょう。

ホームページ更新のために必要なキーワード。それが…

 

誰に、何を、どのように?

 

まずはこの3つを決めていきましょう!

誰に伝えたい記事なのか、万人に伝えようとする記事は「あっ!これ自分の事だ!」なんて思って読んでくれるユーザーは少ないと思います。

あくまでもこんな人に向けて記事を書いているよと言うのが文章やタイトルの節々で伝わるようにしましょう。

 

ネタ集めをしてみよう!

161129-04

まずは更新のためのネタを決めていきましょう。

是非自社の事業などの専門分野に特化した記事をおすすめします。

 

素人では知りえない情報を発信することでそのサイトの専門性などが強調され、結果的に信頼につながっていくようになります。

またライフハックやまとめ記事なども需要が高いので、それらを組み合わせて考えてみるのも良いでしょう。

 

「日頃の○○ならいいのに」「こうすると便利!」「裏技紹介!」読み手の生活に落とし込んでいけるような記事はやはり魅力があります。

 

ターゲットを決めましょう!

161129-05

記事のネタが決まったら次はターゲットを決めましょう!自社のサービスや商品を利用するお客さんはどんな層の人が利用していますか?

ターゲットの決めはじめはイメージがこんな感じだと思います。

 

161129-03-1

なんかモヤモヤしてるっ!

 

こんな特定されていないイメージを名前、性別、年齢、職業、居住地域、趣味嗜好などペルソナシートを作っていきます。

大体下記の様にイメージできるぐらいまで落とし込んでいきましょう。

161129-03-2

 

ユーザーの動きを知ろう!

161129-06

ユーザーにはそれぞれ記事を見てからの動くステップがあります。

 

それがZMOTです!

 

ZMOTとはユーザーは刺激を受けて、情報収集を行い、購入し、体験する。この一連の購買モデルをZMOTと言います。

詳しくは下記記事をご覧ください!

新たな購買モデル「ZMOT」ってなに?

 

これから作ろうとするコンテンツ記事は刺激から体験以降までをフォローすることができます

 

ステップマップを作ってみましょう。

  • 認知段階
  • 情報収集段階
  • 比較・検討段階
  • 購買・リピート段階

この4つをベースにコンテンツを当てはめていきます。

 

段階はそれぞれ目的が異なります。存在を知ってもらい、実際にメリットを知ってもらい、比較検討してもらい、リピートしてもらうもしくは口コミで広めてもらう。

各記事に対して目的は一つです。ターゲットに合わせて一連の段階に合わせた記事を製作してみましょう。

 

着地を決めておこう!

161129-07

記事を書くときの着地について考えてみましょう。

各段階に目的は一つと言うお話を先ほど致しました。

 

ですので記事の着地も基本的には一つです。

その着地に際して次の段階に誘導するような着地が求められます

 

認知から情報収集へ、情報収集から比較検討へ、比較検討から購買へとステップアップさせていく試みが必要となります。

 

公開後の動き

161129-08

ターゲットを決めて公開!実はここからがスタートです。

 

いきなり100点の記事は書くことができません。

 

というのも公開をしてみてアクセス状況や上手く着地ができているかなど実際のリサーチが必要になっていきます。

その結果によって記事を修正するのか、追加するのかなど戦略を練っていきます。

 

まずはなにより公開してみないとわかりません

練りすぎて公開が遅れてしまうなんてことがないように気を付けましょう。

 

そして月のアクセス数や記事へのアクセスなどアクセスを管理できるシートも用意するようにしましょう。

複数の記事を管理する際にそれぞれの指標にすることができます。

 

用意したい3つのシート

161129-09

ペルソナシート、ステップシート、アクセスシートこの3つを使い戦略的にコンテンツを作るようにしましょう!

Diantのコンテンツマーケティングは今回ご紹介した3つのシートに加え、コンテンツ計画書や記事の制作代行などお客様と密着した戦略作りを行ってまいりますのでお気軽にお問い合わせくださいね!

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. 広告宣伝車の施工と効果を出す方法

  2. レイアウトは余白が決め手!余白の使い方を覚えよう!

  3. 情報を整理して綺麗に見やすくさせてみよう!

  4. ホームページで載せたいコンテンツのポイント3選

  5. 集客でお困りの飲食店経営者様へ!飲食店にオススメな集客方法

  6. レイアウトの決め手はジャンプ率!差を作って目立たせよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA