宝の持ちぐされにならないホームページ活用方法

「ホームページは持っているけれど、更新全然してないなぁ。」

「業者さんに昔やってもらったけど自分じゃ更新できないなぁ。」

 

私達デザインスタジオディアントの考え方「D3C」で考えるのであれば、是非更新をすることをおすすめいたします。

ディアントが推奨する、デザインする上で大切にしているD3Cの考え方とは

更新をするにしてもどうやって…?何を書いたらいいのだろう?

そんな方にために今回は「宝の持ちぐされにならないホームページ運用方法」のお話をしてまいります。

 

更新のしやすさやSEOなどの事を考えるとワードプレス

4919659112_70f8836dfa

ホームページを更新する上でまず障壁となるのが専門知識や専門用語。これが更新を大変にさせる要因の一つかと思います。

ですが、ワードプレスというシステムを使えば、更新はブログ感覚で可能となるため、私達が制作するホームページもワードプレスを使用して制作を行っております。

今さら聞けない!ワードプレスって何?

ホームページ更新をするうえでのポイント

ホームページ更新をするうえで「何を書けばいいのだろう。」「そんな毎回毎回書くことないです。」などなど思われる方はいらっしゃると思います。

ですが更新を継続することがホームページ運用には欠かせない要素の一つとなります。

そんなホームページ運用をするうえでヒントとなるポイントをご紹介いたしますのでお役立てください。

 

誰に発信するのか明確にしよう。

これからホームページを更新する上でターゲットを明確にしましょう。

誰かに訴えかける文章の方が響きやすいです。万人受けする文章よりもあなたに書いていますよ!というメッセージを感じ取れたらより感情は動きやすいですよね。

 

何歳ぐらいで、結婚をしているしていないか、どんな仕事についているのか。ターゲットを絞ることで書き方や内容は大きく変わるはずですよ。

 

自己満足の更新にならないように注意しよう。

自分の書きたいことを書いて、「よし!完了!」

 

ちょっと待ってください!

 

その記事誰が興味を持って読みますか?

読み手を意識して書くことを心がけるようにしましょう。

 

読んでいる人をイメージして、その人が読んで得したと思うか、感情を動かせるのか、みんなに教えたいと思うのか。

 

ちなみにこの記事は、少しでも多くの人に理解してもらいホームページを正しく運用すれば多くの人に自分の仕事を広めることができますよ。と広まってくれればいいなと思って書いています。

 

SNSと連携して拡散をしてみよう。

ホームページを更新して、何人の人が読んでくれるでしょうか?

どうせ書くならたくさんの人に読んでもらいたいですよね。

 

あなたのホームページの存在を知っている人以外にも更新を知らせるには、フェイスブックやツイッターなどのSNSを活用しましょう。

これらを活用する上で、多くの人に知らせることが可能となります。

SNS開設サービス

ディアントでもSNS開設セットアップサービスを行っております。

ご興味ある方は是非ご検討下さい。

 

読み手の導線をはっきりと作ろう。

ホームページを更新する上で導線を作らなければなりません。

SNSなどで呼ぶだけ呼んで、着地がないと困ってしまいますよね。

 

最終的に読んでくれた人に対してどうしたいのか、ゴールを設定することで書き手である私達もどのような話の構成にするのかが明確になります。

 

いかがでしたでしょうか?ディアントでも無料相談やアドバイスを行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

contactbt2

 

 

特典!ブログコンテンツ10の法則ブックを全員にプレゼント!

ディアントも実践しているブログコンテンツ制作を10の法則にまとめた便利なブックを

記事を読んでくださっている皆様へプレゼントといたします!下記フォームよりご請求ください!

bconbn

資料のダウンロード請求はこちら

関連記事

  1. 日本語のタイポグラフィの基礎を覚えよう!

  2. 上位に上がればSEOは放っておいていいの?

  3. カメラ初心者でもできる料理の写真を上手に撮るために意識すること6つ

  4. デザインの役割ってなんだろう?

  5. 初心者必読!絶対覚えておくべきWebマーケティング用語

  6. ラインスタンプが完成しました!3丁目のキャト田さん1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA