内部対策と外部対策なにができるだろう?

SEO対策の施策方法は、「内部対策」と「外部対策」に分けることができます。

このことを知っていても実際にどれが内部対策なのか、どれが外部対策なのかをはっきりと知らない方も多いと思います。

 

SEO対策を自身でやられるかたも業者さんにお願いする方もこの違いを知っていることで今にをやっているのかなどを十分に理解することができます。

今回はそんな「内部対策と外部対策について」お話をしてまいります。

 

2つの違い。

内部対策と外部対策の違いは簡単に分けると、

 

サイト内に手を加える施策が内部対策。

外部サイトから自然リンクをもらうのが外部対策

 

と言えます。

160829-01

上記の様な図の施策をSEO対策と総称して表現しています。

内部対策は、自分の意思で施策ができるものに対して、外部対策の自然リンクは自分の力だけではどうする事も出来ません。

 

内部対策に必要な考え方

内部対策には2つの側面からの施策が必要となります。

1つがユーザーへの施策。もう1つがクローラーに対しての施策です。

 

ユーザーへの施策

ユーザーへの施策はテクニックと言うよりもいかに興味を引く需要のあるコンテンツを作り出すことができるかに集約できます。

ユーザーの使い勝手や需要のあるコンテンツを作ることができれば自然と人は興味を持ち閲覧します。

自身の専門部やの知識と需要のあるものを掛け合わせることでよりよいコンテンツを作ることができます。

 

クローラーに対しての施策

こちらはややテクニックが必要です。

HTMLやCSSの記述方法などクローラーが正しく認識してもらうための施策を施さなければなりません。

こみいったテクニックを繰り出すよりもGoogleが推奨する検索エンジン最適化スターターガイドなどの基本に沿った施策で十分かと思います。

 

外部対策に必要な考え方

外部対策は先ほど書いたように自分の力だけではどうにもできないところがあります。

ページの評価はリンクの数でも影響をします。そのための被リンクの数をいかに増やすことができるかが大切です。

 

 

バズるコンテンツ作り

ユーザーが拡散したくなるようなコンテンツや参考にしたくなるようなコンテンツを作ることができれば被リンクは獲得しやすくなります。

これこそがSEOの根幹の部分ともいえます。要するに「需要があるものに対してユーザーが反応を起こす。」現象を発生させるという事です。

 

拡散されれば被リンクは集まる。

多くの情報が飛び交っているインターネットの世界で拡散からの被リンクはとても重要です。

SNSを使う事でこの拡散行為は加速するでしょう。

その為にも自社の公式アカウントをツイッターやFacebookに用意をし拡散を促すことで効果はより一層高まります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?内部対策と外部対策の違いをお分かりいただけましたでしょうか?

細かいテクニックのお話や詳細を省いて基礎知識として必要な根幹の部分をフォーカスして記事を書きました。

皆さんのホームページ運用の一助となれば幸いです。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

 

関連記事

  1. Facebookページを知ろう

    超便利!Facebookページ(ファンページ)とは

  2. エラーページTシャツをリリースしました。

  3. なんでデザインは必要なんだろう?

  4. 80対20の法則を知ろう! / デザインの法則

  5. とにかくシンプルに考える!ネット広告の予算と運用

  6. 超便利!パソコンがなくてもワードプレスが更新ができる!hpbpadアプ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA