ブラックハット、ホワイトハットってなに?

SEOにはブラックハット・ホワイトハットというものがあります。

今回はそのブラックハットとホワイトハットについてお話をしていきたいと思います。

 

ホワイトハット・ブラックハットの違い

Googleの検索エンジンのアルゴリズムが今よりも高度でなかった時代。

このアルゴリズムをだまして検索順位の上位に出来ていた時代があります。こういったことを行うSEO業者も数多くありました。

しかしこのアルゴリズムの開発が進みアルゴリズムをだまして上位表示にさせることはとても難しくなってきています。

 

このアルゴリズムをだまして検索上位に表示させる事をブラックハット。

逆にアルゴリズムにそった方法で検索順位を上げることをホワイトハットと言います。

 

 

どういう事がブラックハットなのか

それではどんなことをするとブラックハットになってしまうのでしょうか。

 

リンクの購入

被リンクは上位表示には必要なものですが、この被リンクを購入してリンクを貼ってもらう行為を禁止しています。

自動リンク生成なども同義となるので気を付けましょう。

これらが見つかった場合Googleからペナルティが課されてしまいます。

 

コンテンツの自動生成

コンテンツを増やすといって自動でテキストを生成するツールがありますが、これも購入しないようにしましょう。

SEO的にも意味のないコンテンツを作っても上位表示にはなりえません。

 

キーワードの詰め込みすぎ

上位表示させたい検索キーワードを詰め込みすぎるのも良くありません。

あまり詰め込みすぎるとスパム行為とみなされてしまいます。

アルゴリズムは自然でわかりやすい文章を好みます。多少の意識は必要ですが過度なキーワード詰め込み行為はやめましょう。

 

コピーコンテンツ

他のサイトや書籍などからコンテンツを無断で複製するのはやめましょう。

コピーコンテンツはGoogleから評価をされません。

使用したい文章などがある場合は引用タグなどを使って適切な方法をとるようにしましょう。

 

隠しリンク・テキスト

背景と同色の文字色にしてキーワードをぺージ内にちりばめたりする行為も禁止されています。

また文字を極端に小さくして表示させることも禁止されています。

 

クローキング

ユーザーが見るコンテンツとクローラーが見るコンテンツを異なるものにする行為も禁止されています。

同じコンテンツを表示させる様にしましょう。

 

最後に

知らず知らずのうちにブラックハットをしてしまう方も少なくありません。

せっかく一生懸命作ったコンテンツが台無しになってしまいます。今現在上記のようなことをしている場合はすぐにやめましょう。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. ディアントが推奨する、デザインする上で大切にしているD3Cの考え方とは…

  2. 自営業者必見!ホームページ更新を代行してはいけない理由

  3. Diantがホームページ制作時に重要視している5つのポイント

  4. はい!集まって~グルーピングで見やすくレイアウトしよう!

  5. デザインから見るカメラに関するいろは

  6. テンプレートを使ってコンテンツ制作を加速させよう! / ワードプレスプ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA