今さら聞けないSEOの基本!SEOを一から紐解いてみよう!

こんにちは!ディアントの三宅です。

みなさんSEOってご存知ですか?ネット関係者の方ならご存知の方が多いと思います。

このSEOの基礎的な事って今さら聞きづらいですよね!

 

「あ~うんうん。SEOね!(詳しく知らんけど…)」こんな感じの人が少なくないと思います。

そこで今回はSEOの基礎をサクッと勉強していこうと思います!

こっそり勉強して基礎を身につけちゃいましょう!

 

まずは”SEO”ってなに?

SEOは略称なのです。正式には、

 

「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」

 

の頭文字をとった言葉となります。

検索エンジン最適化…聞いたことないですか?

ちなみにディアントのブログでもGoogleが出している「検索エンジン最適化」を読み解くという企画をやっておりまして、

是非こちらも合わせてごらんいただければと思います。

検索エンジン最適化を読み解く(全14回)

 

SEOが必要になった理由

この理由は多々ありますが、先ず初めに考えられるのが、

 

インターネットの普及の速さです。

 

インターネットの利用者数は年々増加しています。パソコンから始まり携帯電話タブレット、スマートフォンとインターネットを使用する環境がドンドン整ってきた背景にあります。

 

検索することが当たり前の時代

総務省の調査で今やインターネット利用者は平成25年の時点で82.8%まで増加しました。

人口のほとんどの人間がインターネットを使用している背景があります。

 

こうした背景により検索回数も増加しました。増加に伴い事業者は検索の上位に自社のページを表示させる競争が激化しました。

 

検索上位の優位性

検索順位によってクリック率はどれくらい変わるものなのでしょうか。

Chaphy社が2014年に公表した調査結果による表示順位は以下の通りです。

検索順位 クリック率
1位 31.24%
2位 14.04%
3位 9.85%
4位 6.97%
5位 5.50%
6位~10位 3.73%

Moz「Google Organic Click-Through Rates in 2014」より

この割合を見るとおり検索順位の1位を取るという事がどれほどの力があるかという事が分かるとも思います。

約3割のユーザーがクリックをし自社のサイトの来てくれることを考えると沢山の企業がSEOに力を入れるのもうなずけます。

 

検索エンジンの目的

GoogleやYahoo!などは無料でこの検索エンジンを提供しています。

なぜここまで便利な物を無料で提供できるのでしょうか。

検索エンジンの収益源は広告費です。広告収入があるからこそ検索エンジンを運営できます。

検索エンジンの利用者が増えれば広告を出稿する企業が増えます。このことを踏まえてGoogle社の使命を見てみましょう。

 

Google社の使命は以下の通りです。

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

 

この使命を見るようにユーザーが便利だと感じて利用者を増やし世界中の人が利用できる環境を整えることがGoogle社の使命です。

160814-02

では利用ユーザーが便利だと感じて検索エンジンを使ってもらうにはどうすればよいのでしょうか。

 

ユーザーの”知りたい”欲求を満たす質の高いコンテンツ

 

これこそがGoogle社が検索エンジン上位に載せたいものだと考えます。

 

SEOとSNSの違い。

インターネットの普及ののちにSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)も普及しました。フェイスブックやツイッター、インスタグラムなど便利で面白いツールが増えてきました。

私たちディアントもホームページ制作業務などを行っているのですが、一部のお客さんに「SNSやっているからホームページはいらない」と言われることがたまにあります。

 

SNSをやっていればホームページは必要ないのでしょうか。

すべての事業者のホームページが必要なければSEOという概念は消失してしまいます。

 

年々増加の一途をたどる検索数

SNSの普及後も検索エンジンの検索数は増加の一途をたどっています。

この事でもわかるように、SNSをやっているからと言って検索エンジンが利用されないという事はないのです。

 

目的の違い

160814-03

検索エンジンとSNSの目的に違いは明らかです。

何らかの情報を調べる目的をもって利用する検索エンジン。

 

暇つぶしや流れる情報を目的もなく見る(もしくは発信する)ためのSNS

 

SNSと検索エンジンは畑が違うもの

上記のような内容を見るとおり両者は似て非なるもの。つまり目的が違うものとして考えなければなりません。

なのでSEOを考えるうえではこの2つのツールのメリットを活用していかなければなりません。

 

良いコンテンツを作ることが出来れば、SNSにその情報をアップすればシェアやいいね、リツイートなどで大きく拡散をされます。

リンクが沢山貼られ、多くのユーザーの需要を満たすことが出来れば、検索エンジンの検索結果も上位へと上がります。

 

SEOを考えるうえで各ツールを上手く使い分けて考え方を見直していくことが重要となります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事をまとめると。

  • 検索上位になるとユーザーが多く流入する。
  • 検索エンジンは質の良いコンテンツを求めている。
  • 正しい記述とより良いコンテンツで検索上位へ上がる。
  • SNSを使う事で拡散をすることが出来る。

是非SEOの基礎を学んで日々のホームページ運営に役立ててくださいね!

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. 気楽で気軽に情報収集&拡散!ツイッターの特徴

  2. 文字の基礎を覚えればデザインは楽しくなる!

  3. どんなキーワードでアクセスを増やす?ターゲットキーワードの考え方

  4. レイアウトの決め手はジャンプ率!差を作って目立たせよう!

  5. Diantのホームページ制作サービスをおさらいしよう!

  6. レイアウトの反復と規則性について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA