効果はいつ出る?ホームページで効果を出す為の期間と方法

こんにちは!ディアントのトータルデザイナー三宅です。

「ホームページって作ったら効果が出るんでしょ?」「業者さんに制作をお願いしたから大丈夫でしょ!」そんな風にお思いのそこのあなた!

結構まずいかもしれません。

ホームページは正しい施策を行わなければ効果を出せません
では実際にどれぐらいの期間施策を行えば効果が出るのか、そしてその方法は何があるのかについてお話をしていきたいと思います。

 

この記事はこんな方に向けて書かれています。

この記事は「ホームページって持っているだけで効果が出るの?」「実際に集客等に使うにはどのような方法を取ればいいの?」そんな方向けに書かれています。

 

この記事を読んだらこんなことが分かります。

この記事を読むことでホームページの正しい効果の出し方や期間・方法の一例が学べます。

 

ホームページで効果を出す為の方法

それでは早速ホームページで効果を出す為の方法についてお話をしていきたいと思います。
方法と言っても裏技的な方法などではなく、きちんとした正攻法を解説いたします。

ホームページで効果を出す方法は大きく分けて2つあります。

SEO対策」と「広告運用」です。
この二つの分け方は、SEO対策は潜在客から顕在客までの大きなアプローチ。

広告運用は顕在客いわゆる「いますぐ客」への直接的なアプローチという分け方になります。

SEO対策とは

SEO対策と言うと難しい印象を受けてしまいますが考え方は非常にシンプルです。

SEO対策は日本語に訳すと検索エンジン最適化となります。

特定のキーワードで検索をした際に検索上位にあげるための施策をSEO対策と言います。
SEO対策の中身は大きく分けて2つあります。

内部対策」と「外部対策」です。

この二つを大まかに解説していきます。

 

内部対策:内部対策は自分のホームページ内の記述を最適化する方法を指します。検索順位を決めるクローラーと言うロボットに各ページの情報を正しく伝えるために行う施策です。

外部対策:外部対策は被リンク対策です。自分のホームページにあるコンテンツが有益であれば他のサイトで紹介されリンクが貼られます。これを評価対象とし被リンクの数や質で評価していきます。

※被リンクはただ多ければよいというわけではありません。

例えばあなたがショートケーキのコンテンツを書いたときに被リンクを受けた先が全く関係のないキーワードでリンクした場合評価はされません。

外部対策での評価イメージは以下の通りです。

自分のコンテンツが10の評価を受けても、リンク先の評価が0であれば評価は0になります。

しかし需要のあるコンテンツを書いた場合、被リンクは一つではありません。

多くの被リンク全体を見てあなたのコンテンツの評価となります。

悪質な被リンクを受けてしまったらいくら良いコンテンツを書いても評価が下がってしまうんじゃないかと思った方もいるかと思います。

ご安心ください。この場合自サイト側からこのリンクは認めません!と被リンク拒否ができます。

SEO対策の一環「コンテンツマーケティング」

これらSEO対策の一環としてコンテンツマーケティングというものがあります。

先ほどご説明したSEO対策の根幹の部分も網羅できる対策と言えます。
検索エンジンは、ユーザーに需要があるコンテンツを上位表示させたいと考えています。

良質で正しい記述をしたコンテンツを書き、正当な被リンク評価をもらう。
その総合力を見て検索エンジンは検索順位を決定します。こうなると私たちができる事は限られていきます。

良質で正しい記述をしたコンテンツを書き、SNSで拡散する。

これに尽きると思います。

ユーザーが求めている情報を的確に分かりやすく書くことができれば、それは評価されますし、書き手が自己満足で完結してしまうコンテンツであれば評価はされません。
ただし自社サービスと全く関係のないコンテンツを書いて評価されても意味がありません

ラーメン屋さんが保険に関する良質なコンテンツを書き続けても意味がありません。

かといって自社サービスをごり押しするコンテンツを書いても良質なコンテンツとは言えません。
分かりやすく公平な視点で解説をするコンテンツ。

読んでくれた人がこのコンテンツを読んでよかったと思えるようなコンテンツを書くようにしましょう

良質なコンテンツとは?

それでは良質なコンテンツって何でしょうか?

自身が検索エンジンを使っている時、あなたがこの辺で美味しい味噌ラーメンのお店を探しているとします。

この場合の良質なコンテンツは何でしょうか。

「○○町で見つけた!美味しい味噌ラーメンのお店5選!」こんなコンテンツがあれば助かりますよね。

 

ユーザーが欲しい情報とその際に入力する検索キーワードコンテンツに落とし込む事ができれば、その検索ユーザーにとっては有益なコンテンツと言えます。

 

また人の心を動かすコンテンツを書くことも需要があります。

感情に訴えかけるコンテンツも良い方法です。

楽しい、面白い、感動した、この人の心を動かすコンテンツを書くのは準備と技術が必要ですがスポットが当たれば沢山の集客が見込めます。

 

広告運用とは

もうひとつの効果を出す方法である広告運用は、自社のサービスに対して需要を認識しているユーザーに対して施策を行っていく方法です。

広告運用もなかなか奥が深い施策です。

広告の種類も沢山あるので、いきなりたくさんの広告をかけるよりもネット広告の代表的なリスティング広告をメインに施策していくことをおすすめします。

広告運用についてはこちらのコンテンツをご覧ください。

シンプルに考える考え方なのでおすすめです。

[blogcard url=”http://ds-diant.com/blog/seo/netad-operation/”]

広告の着地と修正

広告運用はその広告のクリック先のコンテンツと反響を日々修正していかなければなりません。

上記が広告から着地までの簡単な流れです。

修正ポイントについて解説をいたします。

広告コストに見合った着地ページのアクセス数がない場合:広告文に問題があります。もしくは検索ワードの選定が誤っている可能性があります。

着地ページに十分なアクセスがあるのに購買などに繋がらない。:コンテンツに問題があります。高額商品の場合購買ではなくお問い合わせや資料請求などに着地を変更すると良いでしょう。

日々広告を着地ページの改善と修正を行う事で低コストで多くの収益を上げるシステム作りをしていきます。

見るべきポイントを以下にまとめておきます。

  • 広告をかけるキーワードの選定
  • 広告文の質の向上(よりクリックしてもらうために)
  • 着地ページのコンテンツ充実・誘導
  • 目的(購買など)達成の割合

これらを意識しながら広告運用を行っていくようにしましょう。

また広告運用は素人の人にもできますが思うように成果が出ない人がほとんどです。

予算などの兼ね合いにもよりますがなるべくならば専門家にお願いすることをおすすめします。

 

どれぐらいの期間やれば効果は出るの?

以上が方法となります。

このSEO対策と広告運用これらをどれぐらいの期間やれば効果が出るのでしょうか。

コンテンツの質や広告の運用度合いにもよりますが、効果を見込むのであればしっかり施策を行って最低半年はやっていくようにしましょう。

コンテンツも想定読者ターゲットを決めて、どんなコンテンツを書けば購買へ結びつくのか読者が迷わないようなコンテンツルートづくりも大切になっていきます。

測定をしながら修正を

ホームページで効果を出すなら日々の測定は欠かせません。

アクセス数や離脱率など日々のサイト状況をチェックしながら修正・改善をしていかなければなりません。

とにかくコンテンツを公開し反響を見ながら変更していくことが大切です。

策を練りすぎてしまい中々公開できないなどの完璧主義は避けましょう

コツコツ積み重ねが結果を生む

コンテンツマーケティングをはじめとしたSEO対策や広告運用は日々の積み重ねが重要です。

はじめの頃は中々効果が出ずやっていることに意味があるのかなど自分自身のモチベーションを下げてしまいますが、めげずに行っていくことが大切です。

広告運用も同じくトライアンドエラーの精神でどんどん精度を高めていくようにしましょう。

毎月の目標を決めよう

ホームページが出来上がったらまずは毎月の目標を決めましょう。

例えば1か月目のサイト状況が、

初月の成果が、8コンテンツアップ 100PV/月間 だったら

2カ月目は200PV/月間を目標にコンテンツの数を倍にするなど、数値を見ながらサイト状況に合わせて目標を立てていくようにしましょう。

小さな目標をクリアにしていくことで日々の積み重ねが苦になりません。

いきなり100万PVと大きな目標を立ててしまうと中々到達できず気持ちも折れてしまいます

やらなきゃ伸びない。魔法はない。

ホームページ運用に裏技も魔法もありません

基本的にコツコツ日々の積み重ねが大切になります。

ただ一つ分かっていることはやらなければ伸びません

当たり前のことかもしれませんが継続ができなければ何をするにしても上手くいきません。

間違った方向へ継続してしまっても結果は出ませんので日々サイト状況をチェックしながら修正を行い精度を高めていくようにしましょう。

いいね!&シェアお願いします!

ホームページの効果の出し方はいかがでしたでしょうか?

日々のホームページ運営は大変なところもあるかもしれませんが得られる成果は絶大です。

作物を育てていくイメージでホームページを育てていきましょう!

もしこの記事が参考になった方は是非クリックをお願いします。

関連記事

  1. 明朝体の欧文版!セリフ体の基礎知識

  2. ライフライン&ビジネスツール【Twitterのはじめ方】

  3. 似ている色で配色づくり!類似性を生かした配色テクニック

  4. 力強い!ゴシック体の基礎

  5. 初心者必見!2つの基本と4つのルールで撮る!良い写真の撮り方

  6. ロゴって必要?ロゴの重要性について考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA