なぜコンテンツマーケティングが必要なのか?

こんにちはディアントの三宅です。

みなさんはコンテンツマーケティングってご存知ですか?

今やネット業界ではコンテンツマーケティングが流行しています。

ここまで流行しているにはワケがあります。

なぜ今、コンテンツマーケティングに注目が集まっているのでしょうか。

今回はコンテンツマーケティングが必要なのかについてお話をしていきたいと思います。

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、文字通りコンテンツを製作して集客をして購買に繋げるマーケティング方法です。

従来のWeb集客とは何が違うかと言うと、顧客を育てる点にあります。

間口を広げてサービスや商品に興味を持ってもらい顧客とかかわりを増やし購買につなげていくという手法です。

 

簡単にご説明いたしましたがそれではなぜコンテンツマーケティングが注目されるようになったのか時系列と共に見ていきましょう。

 

競争が激化したネットマーケティング

今までのネットマーケティングの偏移を見ていきましょう。

160815-02

 

SEO・SEMの時代

インターネットの普及により検索数が上昇し検索順位を取り合う競争の時代になりました。

あわせて需要が高まっていったのがリスティング広告などのネット広告です。

 

ここで見られていたのがCPC=クリック単価です。

この時代はいかにクリック単価を下げてアクセ数を増やすことができるかを競っていました。

 

ランディングページの台頭

クリック単価を下げることに限界がきはじめ、次にランディングページが注目を浴びました。

ランディングページとは着地のページすなわち広告を見てクリックしたリンク先のページです。

コンバージョン(問い合わせや購買など)に特化したページで通常のホームページの作りとは異なるものに着地させることで、CPA=顧客獲得単価を下げようという狙いでした。

 

ただランディングページは需要を認識しているユーザーのみを獲得できるので、まだ必要性を認識していなユーザーには届いていません。

 

コンテンツマーケティングの登場

今までのやり方は顧客を刈り取るまたは奪い合う形でマーケティングを行うスタイルでしたが、コンテンツマーケティングは「いかにコストをかけず効率的に新規顧客を獲得するのか」に注目したマーケティング手法です。

ここではLVT=顧客生涯価値という指標を基にマーケティング行われています。

この様な変化を遂げて注目され始めているコンテンツマーケティングは今までとどのような違いがあるのでしょうか。

 

SEO・SEMとコンテンツマーケティングの違い

まずはこちらをご覧ください。以下が大きな違いの点です。

160815-03

見て分かる通り、購入間近の顧客に対してアプローチをかけることができるのがSEOやSEM、ランディングページです。

即効性が高くアクセスから購買のスピードが速いのが特徴ですがその分競争相手もたくさんいます。

 

一方コンテンツマーケティングは全ての見込み客に対してフォローが可能です。

顧客を育てていく、顧客との接点を増やしていくという点からお店や会社のファンになってもらうといったイメージです。

コンテンツマーケティングは一度ファンになるとがっちりと顧客を獲得できますが、育成には時間がかかります。

需要に気が付いていない人に対して需要を気付かせるのは中々難しいものです。

 

SEO・SEMはいらない?

それではコンテンツマーケティングだけをやっていればよいのでしょうか?

そんなことはありません。コンテンツマーケティングも結果的にSEOとして機能するのですが、顧客育成には時間がかかります。

じっくり顧客を育成することも大切ですが、即効性があるネット広告やSEOにも力を入れていきたいところです。

 

ですので2つの車輪を回していくイメージで双方バランスよく行っていくことが大切だと思います。

 

顧客との接点が多い事のメリット

コンテンツマーケティングは顧客との接点が多いので様々な部分でメリットがあります。

自社の弱みや強みを詳しく説明することができれば顧客はそれらを十分理解したうえで購買をします。

自社の専門性と弱みや強みなども合わせてアピールしていくことが大切になります。

 

最終的には人対人のつながりです。人が興味を持つもの、人が知りたいともうもの、人が共有したいともうものなどがコンテンツマーケティングの肝となります。

ですので今後のホームページ運営を本気で考える人には是非コンテンツマーケティングをお勧めしたいと思います。

 

コンテンツマーケティングをやりたい!と思った方いいね&シェアお願いします!

 

関連記事

  1. 全部知ってる?知れば活用できる!ホームページで出来る事

  2. 原点回帰!ホームページの必要性

  3. 制作会社が語る!ホームページ制作依頼前にチェックしておきたい5つの項目…

  4. 宝の持ちぐされにならないホームページ活用方法

  5. 広告デザインの種類はどれくらいあるのだろう。

  6. 写真の粗さと細かさを知る解像度の基本

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA