なぜホームページを持つの?目的を決めなきゃホームページは意味がない!

皆さんこんにちは。ディアントのトータルデザイナー三宅です。

皆さんはホームページをお持ちですか?

もしもっているならどんな目的をもってホームページを持っていますか?

売上アップや認知度アップなどなど狙う効果は会社さんそれぞれです。

もしも「なんとなく持っている。」や「みんながやってるからとりあえず持っている」なんて考えている方が居たらそれはもったいないですし危険です。

今回はなぜホームページを持つのか。

なぜ目的を持たないとホームページは持つべきでないのかについてお話をしていきたいと思います。

この記事はこんな方に向けて書かれています。

この記事は「なぜホームページを持つのかわからない」「ホームページ作るか迷っているけど運用の仕方が分からない」などのお悩みを持っている方向けに書かれています。

 

この記事を読んだらこんなことが分かります。

この記事を最後まで読んだら、ホームページを持つ理由やホームページはどんな目的を持てばいいのか分かります。

 

そもそもホームページはなぜ持つの?

そもそもなぜホームページを持つのでしょうか?どんな理由があり、どんな狙いがあってホームページを持っているのかについて考えてみましょう。

  • 周りが持っているから
  • とりあえず名刺代わりになるから
  • 集客をしたいから
  • 売上をアップさせたいから
  • あればそのうち問い合わせが来るだろう

などなど。なんとなく明確な理由もなく持つ人から、はっきりと明確な理由をもって持つ人とそれぞれだと思います。

 

こんな人はホームページを持たない方がいい!?

制作会社でもある私たちが言うのも変な話ですが、「ホームページを運用したくない(しない)人」や「とりあえず持っておけばいいという人」こう考えている人にはホームページはおすすめしません。

どの様なホームページを製作するのかにもよる部分はありますが、基本的に運用しない人はホームページからの効果は期待できません

なぜおすすめしないの?

とりあえず作っておけばいいじゃない!と言われる方もいるかもしれませんが、ホームページを放置する・更新しないでおくという事は、手入れもメンテナンスもしないお店を開店させているという事と同じ意味と考えてください。

ホームページを放置することにより、アクセスしたユーザーは「営業しているのかわからない」「古くなってて廃れてしまっている」「なんだか怪しそうな印象」などなどホームページを持つことでマイナスな印象を受けかねないので注意が必要です。

「更新しない人は持っちゃダメなの?」こんな質問を聞きますが、この場合ホームページの見せ方が重要になります。

例えば私たちディアントの制作サービスであるペラ1ホームページシンプルプランは更新できない人でも持てるホームページ制作サービスです。

更新するに越したことはありませんが、なかなかできない人のために基本のトップページ1ページで完結できるホームページ制作です。

更新ができない人でもトップページで完結しているので広告のリンクページにも使えて非常に好評なサービスです。

 

どんな目的を持てば大丈夫?

ホームページを持つ理由として様々な理由が考えられます。

例えば、集客や認知度アップ、売上アップなどです。これらに共通して考えられるホームページの役割は、

顧客との接触

基本的にホームページができる事は顧客との接触に尽きます。

言い方を変えればホームページを通して顧客もしくは見込み客と交流をするという事です。

接触・交流について考えてみよう!

それではホームページの接触や交流について考えてみましょう。

まず考えるべきは、ユーザーはどんな目的を持ってあなたのサイトにアクセスしてくるのか

もしくはどんな目的を持っている人をあなたのサイトにアクセスさせたいのかが重要になっていきます。

何らかの情報を知りたいと思っているのか、あなたが取り扱う商品やサービスを欲しいと思ってアクセスするのか、想定するターゲットによってホームページ内のコンテンツや見せ方は大きく変わります

自分のホームページだからと言って偏った情報や押し売り、過度な営業は禁物です。
かえって逆効果になってしまう事がありますので、あくまでも質良い情報、公平な視点から見た情報を提供するように心がけてください。

ユーザーがアクセスしてメリットがあるコンテンツ

基本ベースとして考えるべきはユーザーがアクセスをしてメリットがあるかどうか、このあたりがポイントになります。

  • 読んでいて面白いコンテンツ
  • 必要な情報を分かりやすく書いてあるコンテンツ
  • どれを選んで良いのかわからない物でも比較されているコンテンツ
  • 実体験を例におすすめの方法が書かれているコンテンツ

などなど読み終わった時に「時間を割いて読んでよかったな!」と思ってもらえるようなコンテンツを作る事が大切です。

いかにユーザーが便利で使いやすくあなたのサイトを利用してもらえるのか、あなたのホームページは質の良い情報や面白いコンテンツ、ついつい読んでもしまうコンテンツがあるからまたアクセスしたくなってしまうと思ってもらえるようなコンテンツを作っていきましょう。

SNSはユーザーの宝庫

ホームページのコンテンツを量産してもなかなかアクセスが伸びない…こんなジレンマに陥ってしまうかと思います。

それらを解消する為にはSNSを活用することが大切です。

フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどであなたのホームページをドンドンアピールしていくことでホームページアクセスに繋がります。

各SNSの始め方はこちらで紹介しております。

[blogcard url=”http://ds-diant.com/blog/facebookpage2/”] [blogcard url=”http://ds-diant.com/blog/startlineatto/”] [blogcard url=”http://ds-diant.com/blog/starttwitter/”] [blogcard url=”http://ds-diant.com/blog/startinstagram/”]

リスティング広告は顕在客の宝庫

ネット広告の代表格であるリスティング広告は顕在客の宝庫です。

「こんなキーワードで検索した人にこのコンテンツを見てもらえたらすごく便利だろうな…」そんなコンテンツができたら是非リスティング広告も視野に入れてみてください。

[blogcard url=”http://ds-diant.com/blog/seo/netad-operation/”]

自社サービスにベストな着地

ホームページ内のベストな着地についても考えておく必要があります。

ホームページを通してユーザーにどんなアクションをしてほしいのか、これについてよく理解をしておくことが大切です。

住宅を販売している会社がホームページで物件を紹介してそのまま売るなんてことは中々考えられませんし、買う側は顔が見えない相手から大きな金額の物を買うなんてことはしませんよね。

この場合であれば資料請求や説明会への誘導などがホームページでのベストな着地です。

服を販売しているホームページが資料請求なんて着地にするよりも、お店に来てもらったり、そのまま購入できたりした方がユーザーにとって使い勝手が良いですよね。

自社のサービス内容に合わせた着地を用意し誘導することもホームページ運営には欠かせない要素の一つと言えます。

日頃からの交流が大切。

遠くの親戚より近くの他人」ということわざがあります。

遠くの親戚より近くの他人とは、いざというときに頼りになるのは、遠く離れて暮らす親類ではなくて、近所に住んでいる他人のほうだということ。

故事ことわざ辞典より

このことわざの通りユーザーと日々交流を深めておくことでいざというときに頼ってもらえると考えることができます。

大切なのはとにかく自分が発信し続ける事。

そしてユーザーを第一に考えてコンテンツを生み出していくことが大切だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?様々な方法や考え方がりますが、是非皆さんのホームページ選びの参考にして頂ければと思います。

攻める人はホームページ運用!それ以外の人はペラ1の会社案内ページを持つようにしましょう!

ディアントにご相談も大歓迎です!お問い合わせからどうぞ!

 

いいね!&シェアお願いします!

この記事が参考になった方は是非いいね&シェアをお願いします!

関連記事

  1. 知らなきゃ損!ホームページ制作の正しい相場と仕組み

  2. 広告デザインの種類はどれくらいあるのだろう。

  3. 内部対策と外部対策なにができるだろう?

  4. あるだけでおしゃれ!欧文フォントの基本

  5. 集客できないホームページの特徴とリニューアルのススメ

  6. 原点回帰!ホームページの必要性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA