アイドマの法則から学ぶエンドユーザーの行動

皆さん「AIDMA(アイドマ)」ってご存知ですか?

1920年代にエンドユーザーが広告を見て購入するまでのプロセスをアメリカのサミュエルローランドホールさんが提唱した心理プロセスです。

これらを学ぶことでデザインを見てから消費行動をどう移すのかが勉強になります。

 

代表例AIDMAについて

アイドマの行動プロセスは以下の通りです。

160831-02

デザインの役割としてはアクション以外の行動喚起に関連させることができます。

注目させるようなインパクトをデザインに持たせたり、興味をそそらせる様なターゲット層を意識したデザイン。

欲しいと喚起させる様な機能や魅力の説明、覚えてもらいやすく行動に起こせるように詳細な情報を載せておく。

こういった一連の行動が購入までのプロセスとなっています。

 

この他にもこのアイドマをベースにして考えられた法則がいくつか存在します。

 

AISAS

インターネット上での心理プロセスで共有することでまた別のユーザーが興味を持つ流れになります。

160831-03

 

AIDCA

アイドマの記憶ではなく「確信」という心理プロセスを経て行動に至るプロセス。

160831-04

 

AMTUL

ブランド認知における心理プロセス。一度試用してみてから本格的に使用し固定客となるプロセス

160831-05

 

ホームページ集客をするなら知っておきたい心理プロセス

次の二つはホームページで集客をするならば是非知っておきたい心理プロセスです。

 

VISAS

160831-06

口コミから始まり、感化され共感、行動、共有そしてまた感化のステップへ別のユーザーが行くプロセスです。

近年爆発的な影響力を持つSNSが誕生したからこそこのプロセスができたといっても過言ではありません。

 

SIPS

160831-07

同じくネット上のイベントやゲームなどに参加することにより共有が生まれ、新たに共感しを繰り返していくプロセスです。

 

さいごに

ネットでもリアルでも心理の変化は必ず起きます。お客さんの心を動かせるデザインやプロモーションをすることができなければ購買へは繋がらないと考えることができます。

 

いいね!&シェアお願いします!

 

 

 

関連記事

  1. エディトリアルデザインとはなに?

  2. レイアウトの決め手はジャンプ率!差を作って目立たせよう!

  3. カメラ初心者でもできる料理の写真を上手に撮るために意識すること6つ

  4. 新たな購買モデル「ZMOT」ってなに?

  5. やみくもに更新しない!ホームページ更新に準備しておくべき3つのモノ

  6. デザインとアートの違いって何だろう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA