広告デザインの種類はどれくらいあるのだろう。

広告デザインって一口に言ってもいろいろありますよね!

街で見かけるポスターやチラシ、中づり広告に看板広告、色々ありますが種類はどれくらいあるのでしょうか。

今回は広告デザインの種類についてお話をしていきたいと思います。

 

広告デザインを4つに分けてみよう。

広告デザインは4つに分けることが出来ます。

交通広告・SP広告・屋外広告・マスメディア広告

それではひとつひとつ解説をしてまいります。

 

交通広告

電車の中吊り広告やタクシーの窓などに貼ってある広告などを指します。

移動中スマートフォンやタブレットを使用するユーザーが増えた今こういった広告にはホームページ誘導のためのURLの記載などが着地点となります。

 

SP広告

SPとはセールスプロモーションの略でダイレクトメールや折り込みチラシなどが該当する広告です。

フリーペーパーなどもこれらのグループに該当します。

情報を詳しく記載することでより多くのユーザーを取り込むことが可能で配布するエリアなどを絞り込むことでより有効的な広告手段を打つことが出来る。

 

屋外広告

看板やポスターなどがこのグループに該当します。

長時間みられる可能性が低いので視認性とインパクトが重要な広告です。最低限必要な情報とキャッチコピーや写真などのセンスが問われるデザインです。

設置場所などの理由から交通広告同様、不特定多数の人に見られることも考慮したデザインを考えなければならない。

 

マスメディア広告

雑誌や新聞などに掲載される広告を指します。何度も読まれる点や新聞などはじっくり読み込むため多くの時間広告に目を通してもらえる可能性が高い。

費用は割高だが適切な着地点とデザインが制作可能であれば効果は大きく見込める。

 

広告デザインの使い分け

広告デザインはこのほかにもWeb広告なども入ります。

比較的低い予算から始められるため需要は増し競合も増えています。

 

自社がどれくらいの費用を広告に使うことが出来るのか、どの様なプロモーション展開をしていくべきなのかなどをしっかりとふまえた上で広告の手段を選ぶことをお勧めします。

戦略を練ることで的確な広告を打つことができ、相応の効果が期待できるはずです。

そのためにもデザイナーの確保などはしっかりと行うようにしましょう。

 

いいね!&シェアお願いします!

 

関連記事

  1. ネット初心者必見!ホームページ更新を加速させるDiantのメリット

  2. 守らないと崩れちゃう!デザインの重さとバランス

  3. 効果はいつ出る?ホームページで効果を出す為の期間と方法

  4. デザインの役割ってなんだろう?

  5. カーラッピングの相場と利用している業種

  6. 業種別でみるホームページに必要な基本コンテンツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA