イメージを形に!ホームページ制作前に決めておきたいサイトイメージの作り方

みなさんこんにちは。ディアントのトータルデザイナー三宅です。

皆さんはホームページを製作会社へ依頼するときにどんなイメージをして依頼をしていますか?

何もイメージしないで依頼をすると、「何か違う…」なんてことになってしまうかもしれません。

そんな風にならない為にも事前にイメージしておくことが大切です。

どんな風にイメージしておくべきなのか、イメージを形にする方法をご紹介していきたいと思います!

紙とペンをご用意してご覧くださいね!

この記事はこんな方に向けて書かれています。

この記事は「ホームページ制作依頼したいけどどんな出来上がりか不安…」「せっかく作るのだから良いホームページを作りたい!」とお考えの方に向けて書かれています。

 

この記事を読んだらこんなことが分かります。

この記事を読めば、ホームページ制作依頼前のサイトイメージの作り方や会社コンセプトの作り方などを知ることができます。

 

自社コンセプトは何だろう?

作りたいホームページのコンセプトは何でしょうか?自社コンセプトから着想してみてもいいかもしれません。

コンセプトがない方はこれを機にコンセプトを考えてみましょう!

自社の強みや個性は何なのか、他ではまねできない自社オリジナルの何かを考えてみましょう。

さらにあなたが展開する事業を利用する顧客にどんな印象を受けてもらいたいですか?例えば安心してもらいたい、信頼してもらいたい、などなど着想方法は様々です。

魅力的な自社コンセプトを考えてみましょう!

ホームページをなぜ作るのか?

ホームページを作る目的は何でしょうか?売上アップ?認知度向上?集客目的は様々ですが、ホームページでできることは一つに集約していきます。

全ての目的は顧客との接触に集約していきます。

ホームページを通して顧客もしくは見込み客と交流を取っていくことがホームページの役割と言えます。

役割を理解した上で、話を戻していきましょう。

自社コンセプトとホームページを持つ目的を掛け算してぶれないホームページ作りとなっていきます。

顧客ターゲットを・ニーズを決めよう。

次に考えたいのがあなたの扱うサービスがどの顧客層にマッチするのかについて考えてみましょう。

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • ライフスタイル
  • 居住環境
  • 趣味嗜好

などなどターゲットを絞り明確にしていくことでホームページ作りもどのような見た目にするべきかが明確になっていきます。

「絞ってしまうと他のターゲットは集客できないんじゃ…?」そう思われる方もいるかと思いますが、絞らないと結局誰に向けて発信しているのか、誰がターゲットなのかも明確になっていきません。
すると誰にもハマらないホームページとなってしまい、なかなか集客に結びつかないホームページとなってしまいます。
「自分にピッタリだ!」と思ってもらえるようなホームページ作りをしていきましょう!

自社のサービスから強みを出そう。

あなたのサービスでの強みはいったい何でしょうか?どのような商品・サービスを取り扱っていますか?

ここで浮かび上がらせる強みからもホームページデザインは考えることができます。

例えば高級志向の人向けに作った商品を販売しているのにもかかわらずホームページはポップなデザインであればギャップが生まれ商品も安っぽく映ってしまいます。

この様なマイナス効果となるギャップは避けるようにしましょう。

プラス効果になるギャップであればOKです!「難しそうなものが手軽に」や「手間がかかりそうなものが簡単に」などプラスのギャップはアピールポイントとなりますのでどんどん発信していきましょう。

どんなテイストが自社イメージに近いか

さぁここまで考えたら自社イメージがどんなテイストに近いのか考えていきましょう。

ここにテイストの例として一覧を挙げてみます。

  • 可愛い・キュート
  • カジュアル
  • ポップ
  • ゴージャス
  • モダン
  • ナチュラル
  • シック
  • シンプル
  • 和風
  • 知性的
  • 優しい
  • 重厚
  • 幻想的
  • にぎやか

などなど上げていけばキリがありませんが、自社イメージに近い単語をどんどんメモしていってください。

色から印象付けることも

色その物には印象付けるものがあります。

この色の力も利用してホームページのメインカラーを決めてみましょう。

  • 赤系(快活・若々しい・温かみ)
  • 青系(堅実・信頼・クール)
  • 水色系(さわやか・清潔感)
  • 茶系(自然・モダン・高級感)
  • 緑系(健康・ナチュラル)
  • 黄・オレンジ系(ポップ・賑やか)
  • グレー系(重厚・シック・高級感)
  • 紫系(幻想・神秘的)

自社イメージと近い色は見つかりましたでしょうか?色がもたらす印象で自社イメージをより強固な物へしていきましょう。

参考サイトを見つけておこう

制作会社依頼前には参考サイトを見つけておくようにしましょう。

「○○というサイトのトップページの感じで」「○○というサイトののデザインはいまいち…」など制作会社さんへ自社イメージと共にデザインの方向性を伝えることで制作会社側もより希望に沿ったホームページが作りやすくなるはずです。

また参考サイトは使いやすさや見やすさも大切です。

最新技術を使ったサイトよりもやはり見やすくてわかりやすいサイトの方が指示されやすいでしょう。

※SEO対策上やその他技術的な理由でおすすめしないとアドバイスをもらった場合それに従うのが得策です。

た目も大切ですがホームページでの目的の妨げになるようなことはなるべく避けるようにしましょう。

ロゴがあるとより効果的に!

ホームページと合わせてお勧めしたいのが意味のあるロゴ制作です。

自社コンセプトや想いを込めたロゴマークは人々の記憶に残ります。

自社コンセプトに合わせたロゴを制作すればより自社ブランディングが進みあなたのファンもぐっと増えてくるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょう?イメージがまとまらないまま制作会社さんへ依頼をしてしまうとどうしても制作側主導になってしまいます。

専門的な事は分からないから…とさじを投げずに積極的に制作にかかわっていきましょう!

またホームページ制作に失敗しないためにもイメージを固めて制作会社さんと二人三脚で良いホームページを作っていってくださいね!

実は…今回の記事に書かれていることは私たちディアントがホームページ制作をする際、実際に行っているヒアリングの一部をご紹介させていただいております。

この記事を元にサイトイメージを書かれた方でディアントのホームページ制作を依頼して頂ければお見積りから10%OFFとさせていただきます!

一緒にいいホームページを作っていきましょう!

この記事を読んだ方限定です!是非お打合せ時にお声かけ下さい!お待ちしております!

ディアントのホームページ制作はこちら!

 

いいね!&シェアお願いします!

この記事が参考になった方は是非いいね&シェアをお願いします!

関連記事

  1. 集客でお困りの飲食店経営者様へ!飲食店にオススメな集客方法

  2. 業種別でみるホームページに必要な基本コンテンツ

  3. 自然の色は入りやすい!なじみの原理で見やすいデザイン

  4. 百聞は一見に如かず。画像でプロモ!instagram(インスタグラム)…

  5. デザインの役割ってなんだろう?

  6. 似ている色で配色づくり!類似性を生かした配色テクニック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA