80対20の法則を知ろう! / デザインの法則

みなさんは80対20の法則をご存知ですか?

またの名を「パレートの法則」と言います。

この法則はイタリアの経済学者、パレートさんが発見した法則なのですが、この法則、デザインにも活用できるのです。

今回はそんな80対20の法則についてお話をしてまいります。

 

80対20の法則って?

まずは80対20の法則についてご説明をしてまいります。

この80対20の法則は商売のお話でいうと売り上げの80%は顧客の20%で成り立っている。という法則です。

多少のばらつきは見られますが必ずこの数字に帰属します。不思議ですよね~

 

現代でよくパレートの法則が用いられる事象
  • ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。
  • 商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。→ロングテール
  • 売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。
  • 仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。
  • 故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。
  • 所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。
  • プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める。
  • 全体の20%が優れた設計ならば実用上80%の状況で優れた能力を発揮する。

Wikipediaパレートの法則より

Wikipediaを引用しました。

様々な事象に当てはめることが出来ます。これを80対20の法則(パレートの法則)と言います。

 

デザインに当てはめてみよう!

それではデザインではどのような考え方ができるでしょうか?

  • デザインに必要な要素の80%は20%の情報で成り立っている。
  • ホームページに重要な要素の80%は20%のコンテンツで成り立っている。
  • 名刺デザインの印象を左右する80%は20%の要素である。

この様にデザインを印象付けるものの80%は20%要素に起因すると考えることが出来ます。

 

160816-01

全体の構成を変えるよりも構成の20%に変化を加えるだけでも印象や出来栄えを大きく左右することが出来ます。

まとめ

上記で挙げた以外でもこのパレートの法則を使ってデザインのクオリティを変える方法やホームページ集客の力の入れどころを変えることが出来ます。

是非パレートの法則を参考にしてみてください!

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. 初心者必読!絶対覚えておくべきWebマーケティング用語

  2. 想いを載せて走る。Diantのカーラッピング

  3. 著作権を守るクリエイティブコモンズとは

  4. 顧客を育てるコンテンツマーケティングってなに?

  5. どんなキーワードでアクセスを増やす?ターゲットキーワードの考え方

  6. レイアウトの目的って何だろう?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA