あるだけでおしゃれ!欧文フォントの基本

欧文書体にはセリフ体やサンセリフ体以外にも様々な魅力的な書体があります。
今回はセリフ体やサンセリフ対以外の代表的な欧文書体についてお話をしていきたいともいます。

161027-01

 

スクリプト体

161027-02

スクリプトとは手書きという意味で個性的でインパクトのある書体です。

装飾的な文字でペンで書かれたような書体や筆記体で書かれた書体などがあります。

文章で使用するというよりも、部分的にアクセントとして使用します。

 

ゴシック体

161027-03

見た目的にストリートな印象を受けるゴシック体。
欧文のゴシック体は「ブラックレター」とも呼ばれスクリプト体の一種でもあります。
線の太さが極端で独特な雰囲気を演出したい時などに使用したい書体です。

 

文字よりもデザインに特化した書体達

欧文書体には読ませるというよりもデザインの一つとして作り上げてある書体が多くあります。
イメージを想起させたいデザインとうまく組み合わせることができればより一層そのデザインのインパクトや印象が良くなります。
この書体たちも読ませるよりもインパクトを与えたり、印象を残したりする様なデザイン的な要素のほうが多く含んでいます。

 

欧文書体のバランス

日本語と違い欧文書体はローマ字で構成されています。ひらがなや漢字と違いローマ字は文字ごとの余白が異なります。
日本語のような字面が作りづらいので作り出す文章によって字間を調節しなければなりません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?欧文には様々な種類があります。
デザインをする上で使いどころを見極めて使用するようにしましょう。

関連記事

  1. イメージを形に!ホームページ制作前に決めておきたいサイトイメージの作り…

  2. 印象を左右する!欧文タイポグラフィの基礎

  3. 著作権を守るクリエイティブコモンズとは

  4. 【保存版】いちばんわかりやすいHTMLの基本構造

  5. 原点回帰!ホームページの必要性

  6. 業種別でみるホームページに必要な基本コンテンツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA