印象を左右する!欧文タイポグラフィの基礎

文字はデザインの基礎中の基礎と言っても過言ではないくらい重要な要素の一つです。

また私たち日本人は日本語フォントを多用しますが、欧文フォントも同じように多用するフォントの一つです。

今回は欧文フォントの基礎についてお話をしてまいります。

 

欧文フォントの仕組み

160928-02

欧文フォントにはそれぞれラインが決まっています。

赤い線がベースライン。このラインを基準に欧文フォントは並べられます。

セリフ体などのある小文字のdやbが飛び出した位置をアセンダライン

大文字の上部がキャップライン

小文字の上部がミーンライン

小文字のgやpなど下に飛び出した位置がディセンダラインと言います。

 

日本語と違い字幅の調節が必要。

160928-03

文字一つ一つに空間が多いため等間隔でスペースを空けるとバランスが悪くなってしまいます。

欧文フォントのほとんどはプロポーショナルフォントと呼ばれ字間がそれぞれに調節されています。

 

欧文と和文の使い分け

欧文フォントと和文フォントこの二つの使い分けも重要です。

欧文フォントの見た目はスタイリッシュな印象ですが、すべて欧文にしてしまうときちんと情報が入らない事があります。

 

日本人の共通言語は日本語です。ターゲットにもよりますが、きちんと情報を伝えたいときや、デザインに対して何か行動を起こす場合日本語の方がスムーズです。

また欧文の場合間違った意味の単語などを使ってしまう事があります。そのような事態を避けるために単語一つ一つきちんと調べて表記するようにしましょう。

 

振り仮名としての和文

どうしても欧文を使用したい場合は振り仮名を使うようにしましょう。

日本語としても読め、欧文のスタイリッシュさも維持できるよう様々な状況やパターンを考慮してデザインをするようにしましょう。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

 

関連記事

  1. お客様とつながる!集客に適したもう一つのLINE【LINE@】

  2. 魔法の線!グリッドを使えばレイアウトはますます面白くなる!

  3. 広告宣伝車の施工と効果を出す方法

  4. 自然の色は入りやすい!なじみの原理で見やすいデザイン

  5. 気楽で気軽に情報収集&拡散!ツイッターの特徴

  6. 似ている色で配色づくり!類似性を生かした配色テクニック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA