日本語のタイポグラフィの基礎を覚えよう!

私たち日本人はデザインを行う際には「日本語」を使用します。

日本語のタイポグラフィはローマ字と違った仕組みがあります。

例えば日本語は縦書きもできますがローマ字は縦書きをあまりしません。この様な特徴の違いなどについてお話をしていきたいと思います。

 

160916-01

日本語の文字構造

日本語は漢字とひらがな、カタカナがあります。基本的に日本語は正方形の枠に収まるようになっています。

160916-02

この正方形の枠は仮想ボディと呼ばれています。実際に占めているピンク色の部分を字面枠、文字自体を字面と呼びます。

また文章になると、文字の間隔によって印象が変わります。

160916-05

 

漢字での間隔の開け方とひらがな、カタカナの間隔の開け方は異なります。

日本語の文字には「フトコロ」と呼ばれる空間があるので、この空き具合によって文字の間隔のバランスを調整しなければなりません。

160916-06

 

フォントの種類

160916-03

日本語には文字フォントの種類が多数あります。一般的なゴシック体や明朝体をはじめ筆で書いたような楷書体やポップな印象になるポップ体など様々な種類があります。

これらを見て分かるようにフトコロの大きさも変わります。

 

文字の太さ

160916-04

また文字には大きさのほかに太さもあります。一番細い文字と一番太い文字では受ける印象が大きく変わります。

 

まとめ

日本語のフォントには様々な種類があります。このフォントの選び方によって印象も大きく変わります。

読みやすさを重視するなら明朝体やゴシック体など様々です。

制作するデザインのイメージによって選択するフォントや太さが変化します。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. ランディングページと普通のページってどう違うの?

  2. ディアントが推奨する、デザインする上で大切にしているD3Cの考え方とは…

  3. 大きな違いが調和する明瞭性の原理

  4. 似ている色で配色づくり!類似性を生かした配色テクニック

  5. デザインとアートの違いって何だろう。

  6. Diantがホームページ制作時に重要視している5つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA