メリハリをつけるとはっきりわかる!レイアウトの基本

デザインの一つの情報を大きく目立たせる為にはメリハリが重要になります。

このメリハリをつける技術として様々な方法があります。

今回はそんなメリハリについてお話をしていきたいと思います。

 

明るさの違いで付けるメリハリ

基本的に暗いものと明るいものこの二つの差が大きければ大きいほど、目立ちやすくはっきりとしたデザインとなります。

160929-02

この差が近いものであると目立ちにくくなります。

 

文字の太さでメリハリをつける

文字のインパクトを大きくしたいときは、文字の太さや大きさでメリハリをつけることができます。

160929-03

文字の太さ大きさの差を作れば作るほど強調することができます。

 

あえて弱い色味を使い目立たせる。

160929-04

背景に弱い色を使って目立たせる部分をはっきりとさせる方法もあります。

同系色を使ってしまうと馴染んでしまい、あまり目立たなくなってしまいます。

 

差をつけることでメリハリの強さを大きくすることができます。

 

図形でのメリハリ

文字を強調させたいときに背景にする図形によっても印象が大きく変わります。

大きな図形に対して文字を入れる場合と、小さな図形に対して文字を入れる場合とでは印象は大きく変わります。

160929-05

大きな図形に対して文字を入れることで余白が多く出来ます。余白が多く出来ることで、余裕がある印象になります。

逆に小さな図形に文字を入れることで、活気があり元気がある印象になります。

 

はみ出すことでインパクトを付ける。

160929-06

より大きくインパクトやメリハリを付けたいときに背景からはみ出るほどの文字を配置する事が効果的です。

一部分であれば文字が見切れてしまっていても人間の脳は補完してくれるので少しぐらい見切れてしまっても問題ありません。

 

メリハリをつけると全体的に締まる

メリハリをつけることでデザイン全体が締まります。このデザインはまずどこに注目した方が良いのか、どの情報を一番に伝えたいのかがはっきりとしますので、

デザインの伝えるという部分の目的がはっきりとします。なのでデザイン全体が締まり、ユーザーもデザインの目的が理解しやすくなるのです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?作ったデザインがいまひとつ強調できていないな~ぼんやりとしているな~と思ったときには是非上記の様なメリハリをつけて、

デザインをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

関連記事

  1. 気楽で気軽に情報収集&拡散!ツイッターの特徴

  2. 集客でお困りの飲食店経営者様へ!飲食店にオススメな集客方法

  3. 色付け時にはおさえておきたい配色テクニックの基本

  4. デザインとアートの違いって何だろう。

  5. 一目でわかる!ホームページ制作から運用まで

  6. 顧客を育てるコンテンツマーケティングってなに?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA