配色の基本を極めよう

デザインをする上で大切なのが「色」です。

色は様々な印象付けができるデザインにはなくてはならない大切な要素です。

今回はそんなデザインの基本である「配色の知識」についてお話しをしていきたいと思います。

 

色の三原則

みなさん一度は聞いた事があるかと思いますが、色の三原則をご存知ですか?

色を決める要素として、「色相・明度・彩度」の三つから色は構成されます。

 

まず初めにこの色の三原則を一つづつご説明してまいります。

 

色の違い「色相」

160903-02

色味の違いである色相は赤、青、黄色などの色味自体の違いを表す部分です。

上記の様なレインボーの帯の物をスペクトルなどと呼び配色を決める上では欠かせない物の一つです。

160903-01

これは色相環と呼ばれるものです。

配色にはセオリーがあります。ベースカラーが赤ならばサブカラーはこの色などそれらを効果的に配色することで色決めの指針となります。

 

明るさの違い「明度」

160903-03

明るい・暗いなどの色の明るさを決める明度。

色のは重さがあり、暗い色は重たく、明るい色は軽く見える性質があります。

 

鮮やかさの違い「彩度」

160903-04

一口に赤と言っても様々です。真っ赤な赤もあれば薄いピンクの様な赤もあります。

この度合いを表すのが再度です。彩度を上げることで鮮やかな色に。彩度を下げることで色を失っていきます。

 

明度と彩度を合わせた色調

色の三原則を使う事でイメージした色を作り出すことができますが、この三原則の内の明度と彩度を調節することで色調(トーン)を作り出すことができます。

一般に色調は薄い、暗い、濃い、強い、弱い、鈍いなどの表現をして色の調節を行います。

160903-06

パステルカラーなどは薄い色調、ビビットカラーは濃い色調などで表すことができます。

 

三原則がない色。無彩色

これらが有効的なのが有彩色と呼ばれる色のものです。逆に黒や灰色には色の三原色がありません。

こういった色味を無彩色と呼びます。

160903-05

無彩色は明度のみが存在し、明るいか暗いかの違いで色が決まります。

この様な色の基本知識を抑えることで自分が作り出したい色を判断し、作り出すことが可能になります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

色の基本的な知識はご理解いただけましたでしょうか?

色には沢山の心理効果などがあります。デザインをするうえで効果的な色を理解し配色をすることで作り出したデザインがより一層魅力的なものに仕上がります。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

 

関連記事

  1. コストと中身で比べる!ホームページ制作後のスタートラインとは?

  2. 今さら聞けない!ホームページってどんな効果があるの?

  3. 印象を左右する!欧文タイポグラフィの基礎

  4. Facebookページを知ろう

    超便利!Facebookページ(ファンページ)とは

  5. やみくもに更新しない!ホームページ更新に準備しておくべき3つのモノ

  6. とにかくシンプルに考える!ネット広告の予算と運用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA