はい!集まって~グルーピングで見やすくレイアウトしよう!

レイアウトに必要なグルーピング。グループを作ることでデザインはより見やすくなります。

情報をグループ化することでデザインはより見やすく分かりやすくなります。

今回はそんなグルーピングについてお話をしていきたいと思います。

 

160918-01

自然とグループを識別する。

160918-02

人は色や形などの要素から自然とグループを識別する脳を持っています。

制作側がきちんとした分かりやすい意図でグループを作り出すことでデザインはよりわかりやすく読みやすくなります。

 

情報をグループで考える

制作するデザインの情報をグループ(かたまり)をいくつか作って制作することでわかりやすくなります。

例えば工程を説明する際に「Step1」や「Step2」など工程順に並べます。こうすることで一区切りの工程を一つのグループとしてとらえることができます。

 

160918-03

一定の形を反復させることで人はそのデザインの読みかたを理解して読むようになります。

また余白を作りすぎて離しすぎてしまうとグループとして見分けられなくなり分かりづらくなってしまいます。

 

適度な余白でグループ分けをしよう

適度な余白を作ることでグループとしてデザインをすることができます。

160918-04

余白を意識しないで文章を書いてしまうと左のようになってしまいますが、区切りを作ってグループ分けをすることで自分がどの部分を読んでいるのかなどもわかるようになります。

 

色からグループ分けをする。

160918-05

余白を使ってグループ分けをし大分を背景色で演出することもできます。

色は人が認識する上で大きなウェイトを占めます。どの色を選ぶかによっても読む文章の印象も大きく異なります。

 

人が認識出来ればそれはグループ

今までご説明をしたのはグルーピングのほんの一例です。

デザインをする人によって様々なグルーピングをすることができます。そのポイントとしては。人がグループと認識ができればOK!という事です。

見やすさ、可読性は突き詰め続けることができます。奥が深いです。

 

ここにもデザインの奥の深さを感じますね。デザインの基本は普遍的なものでトレンドはあるものの人の見やすさ分かりやすさの完成は変わりません。

是非基本を突き詰めてすばらしいデザインを作り上げてみてはいかがでしょうか。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

 

 

関連記事

  1. エディトリアルデザインとはなに?

  2. Facebookページの作り方(2016年版)

  3. 力強い!ゴシック体の基礎

  4. 写真の粗さと細かさを知る解像度の基本

  5. 集客できないホームページの特徴とリニューアルのススメ

  6. えっ!?SEOに向き不向きの商売があるってホント?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA