デザイナーって何をする人?

デザイナーって響きかっこいいですよね。

一応僕もデザイナーの端くれとしてお仕事をさせてもらっているのですが、

そもそも「デザイナー」って何をする人なんですか?なんて聞かれる事があります。

 

以前お話をしましたアーティストとごっちゃになっている方もいらっしゃいますし、何してるのかよく分からないね!と言う方もいらっしゃいます。

今回はそんなデザイナーという職業の考え方についてお話をしていきたいと思います。

 

伝達者=デザイナー

デザイナーはクライアントの目的や要望を聞き入れてユーザーに共感・理解をしてもらうための橋渡し的な存在だと考えます。

デザイナーは視覚的にどこに文字を置くことが適切か、どこに図を使うのが適切か、文字の大きさ、色合いのバランスなどの知識を持っています。

 

クライアントは別の業種の専門家です。その専門家が提供するサービスや商品を的確な手段で、分かりやすくユーザーに伝えるのがデザイナーの役割と言えます。

 

餅は餅屋

昔の言葉で「餅は餅屋」と言う言葉があります。餅は餅屋とは、どんな業種でもそれぞれの専門家にまかせるのが一番良いということのたとえの事を指します。

デザイナーの役割としては伝えることのスペシャリストですから伝達はデザイナーに任せてしまった方が良いはずです。

せっかく素晴らしい商品やサービスでも伝え方を間違ってしまうと魅力が半減してしまいます。

 

デザイナーはコミュニケーションだ!

伝達者という事はコミュニケーション能力を必要とされます。

コミュニケーション能力と言ってもしゃべりが上手いなどだけではありません。

 

文字を図に換えることでよりわかりやすく伝わることもあれば、

図を文字にした方がより伝わりやすくなることもあります。

 

デザインを通したコミュニケーションがデザイナーを育てるといっても過言ではありません。

 

日頃からデザインを意識して生活することでこれはどんな意図があって何を一番伝えたいのかなどの考察を深めることでより素晴らしいデザインの制作ができます。

 

経験値が重要!

やはりデザイナーとして感じるのは経験値が必要!ということです。

自分が満足しているだけのデザインでは成長はそこまでしないように感じます。

 

クライアントが居て、ユーザーがいる環境でなければ大きな成長は見込めないと感じます。

責任や修正、ユーザーの反応などそれらが付随して反省点や改善点が見えてくるように思います。

 

自分も一生修行の身としてデザイナーの道をひた走っていきたいと思います!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?デザイナーが何をする人かなんとなくでもわかっていただければ幸いです(^^)

なによりクライアントとデザイナーの距離感やコミュニケーション(しゃべる方の)も大切だと感じます。

 

 

いいね!&シェアお願いします!

 

 

 

関連記事

  1. カーラッピングの相場と利用している業種

  2. 色付け時にはおさえておきたい配色テクニックの基本

  3. どんなページが検索上位になるんだろう? / SEO対策の基本

  4. 結局どっちが良いの?無料ホームページ制作と制作会社への依頼

  5. ブラックハット、ホワイトハットってなに?

  6. ただ走らせているだけではもったいない!初期投資のみでできる走る広告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA