広告宣伝車の施工と効果を出す方法

社用車にひと手間かけるだけで、ただの移動が宣伝活動に変わる広告宣伝車。
自社の車に施工することで、広告掲載料などのランニングコストもかかりません。

そんな、走れば走るほど人の目に触れさせることができる広告宣伝車の施工方法についてご紹介します。

 

手軽に広告宣伝車へ変身!カーラッピング

adcaraaa

現在主流となっている施工方法がカーラッピングです。
カーラッピングは伸縮するフィルムにロゴや文字などの図案を印刷し、車の形状に合わせてカット、貼り付けをするものです。

 

カーラッピングの特長

カーラッピングには優れた特長があります。

自由にデザインできる

カーラッピングはコンピューターを使って図案をフィルムに印刷、カットするため
自由にデザインすることができます。

 

貼り付ける場所を選ばない

貼り付けるフィルムは伸縮するため、曲面にも対応します。
ボディーはもちろん、窓ガラスにも貼り付けることができます。

耐候性にすぐれる

使用するフィルムのメーカにより異なりますが、4年~5年はクオリティーを維持し、
気候による劣化は無いと言われています。

剥がせる

塗装ではないため、剥がしてしまえば元の塗装面に戻ります。
経年劣化やデザイン、キャッチコピーの変更などが容易に行えます。

何度でも再現できる

印刷、カットにはコンピュータを使用するため、データさえあれば何度でも印刷することが可能です。
営業車の追加購入や買い替えなどを行った際も問題ありません。

洗車できる

カーラッピングされた車も、通常の車同様に洗車ができます。
故意に剥がそうとしない限り、剝がれることはありません。

 

広告宣伝車を最大限に活かす

広告宣伝車は不特定多数の人に対して行う広告活動です。
故に、活動したことによる効果を数値化するのが難しいです。
簡単にですが、少しでも効果を出すための方法をご紹介します。

期間限定の告知

お祭りなどの期間限定の告知、宣伝には広告宣伝車が効果的です。
インタネット社会となった今、スマホは誰でも持っています。
広告の一部にURLやQRコードを載せ、「詳しくはWebで!」等、ホームページへ誘導し、
活動した日のアクセスを解析することで効果を数値化できます。

カーラッピングであれば期間限定の広告を施工してもすぐに元に戻せますね!

地域を絞る

広告宣伝車を使って集客を狙う場合、サービスの対象となるターゲットがどの地域に多く、
どの時間帯に外にいるか調査する必要があります。
より、多くのターゲットがいる地域、時間帯に広告活動をすることで効果を得られます。

BGMや音声による案内

BGMや音声と組み合わせるとより効果的です。
が、これは地域住民への迷惑行為となる場合があるため注意が必要です。
ターゲットとなる人がより多い地域に限定しましょう。

 

まとめ

今回ご紹介したことのポイントを簡単にまとめました!

  • 広告宣伝車はカーラッピングが主流
  • カーラッピングは曲面や窓ガラスにも貼り付けられ、剥がせる。
  • 洗車しても問題ない
  • 広告宣伝車は期間限定の宣伝に強い
  • ターゲットの多い地域に絞って活動することでより良い効果を得られる

 

さらにご興味があるかたはこちらの記事もご参考にしてください♪

カーラッピングの相場と利用している業種

関連記事

  1. コストと中身で比べる!ホームページ制作後のスタートラインとは?

  2. 内部対策と外部対策なにができるだろう?

  3. 初心者必見!2つの基本と4つのルールで撮る!良い写真の撮り方

  4. やみくもに更新しない!ホームページ更新に準備しておくべき3つのモノ

  5. 集客できないホームページの特徴とリニューアルのススメ

  6. 百聞は一見に如かず。画像でプロモ!instagram(インスタグラム)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA