カーラッピングの相場と利用している業種

いつもの営業のついでに広告活動ができ、広告の掲載料が一切かからない広告宣伝車。
企業の知名度向上やキャンペーンの告知に最適な広告です。

広告宣伝車は図案を印刷したフィルムを車に貼り付ける、カーラッピングという施工方法で製作します。

広告自体のランニングコストはかからないけれど、初期費用は一体どのくらいかかるのでしょうか。

今回はカーラッピングの相場を独自の調査ではありますが調べてみましたのでご紹介いたします。

 

カーラッピングの相場

独自調査となりますが、カーラッピングにかかるコストと納期の相場をご紹介します。

カーラッピングの施工料金はデザインや大きさ、施工する場所によって異なります。
ドアパネルやリアに「ワンポイントだけ」など、小さい広告の場合、コストも低くなります。

営業車クラス

adcarta

軽自動車から普通車(プロボックス等)程度の大きさで、車両全体に広告を表示させる場合、約¥50,000~¥150,000程度となります。

サービス車両クラス

adcarkurone

バン(キャラバン、ハイエース等)程度の大きさで、車両全体に広告を表示させる場合、約¥150,000~¥500,000程度となります。

配送車クラス

adcarsaga1

2tトラックや4tトラックて程度の大きさで、車両全体に広告を表示させる場合、約¥500,000~となります。

納期

納期は打ち合わせの回数、デザイン決定までのプロセスにより、大きく変動します。
また、広告の大きさによって施工時間も変化します。
デザイン持ち込みで小さな広告の場合、約5日間程度で納入できる場合もあります。

 

広告宣伝車を利用している業種

実際にどんな業種が広告宣伝車を利用しているのでしょうか。
簡単にですがご紹介します。

政治、行政関係

選挙活動で使われている選挙カーも広告宣伝車です。
音声との組み合わせで、認知効果は非常に高いものとなっています。
聞きたくない人に対しては逆効果となりますが、認知はしてもらえます。

運送業

ヤマト運輸、佐川急便などは自社オリジナルのキャラクターやデザインでトラックを装飾しています。
一目見ただけでその会社の車であることがすぐにわかります。
運送業者といえば?と聞かれたときにパッと思いつくのは、街中を走る広告宣伝車のおかげでもあります。

病院、福祉施設

近年急速に増加した印象があります。
福祉施設(老人ホーム、デイケア等)を利用する方たちを送迎するバンなどが広告宣伝車となっています。
毎日同じルートを走行するため、その地域に住む人たちへ高い認知効果を得られます。
また、会社の信用アップの効果も得られます。

地域密着型企業

地元のパチンコ店や便利屋さん、お弁当屋さん、

電気、水道工事業者など、その地域に密着した企業が多く広告宣伝車を利用しています。

 

カーラッピングで実現できるコンセプトカー

広告宣伝車はお客様の想いをカタチにすることができる広告です。
ついつい見てしまうようなデザインとキャッチコピーで道行くたくさんの人たちにアピールできます。
ルート営業や送迎など、いつもの移動に付加価値を!

世界にったった1台のコンセプトカーが手軽なカーラッピングで実現できます。

当社でもデザインから施工まで一貫してカーラッピングを行っております。
こちらの記事では当社の実績とサポートについてご紹介しております。
ぜひ参考にしてください♪

想いを載せて走る。Diantのカーラッピング

 

 

関連記事

  1. 新サービスセミオーダー式のホームページ制作プラン Comtive-コム…

  2. Web集客には欠かせないKGIとKPIってなに?

  3. 【保存版】ブログ投稿を一通りマスターしよう。 / WordPressの…

  4. 全部知ってる?知れば活用できる!ホームページで出来る事

  5. やっぱり読みやすい!明朝体の基礎 / デザイン基本の「き」

  6. 初心者必見!2つの基本と4つのルールで撮る!良い写真の撮り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA