ブランディングとは?

ブランディングとは、元々の商品価値や企業価値を様々な施策を通して最大化していく活動の事を指します。
ブランドと聞くと大企業や高級ブランドなどのイメージを受けてしまいがちですが、中小企業こそブランディングを積極的に取り入れていく施策です。

ブランディングをしないとどうなる?

市場シェアが広がっている間は右記のようなスパイラルに陥りませんが、
市場シェアが低下すると上記の様なスパイラルが起こります。

市場シェアが低下すれば、価格競争が起こります。
価格競争が激化するにつれやがて価格以外のサービス競争になります。
これも激化することで自社コストが増加し利益率を圧迫し始めます。
するとコスト削減や効率化を謳うようになり販促・営業予算を削減します。するとより一層市場シェアが低下します。

価値を高めるという事

ブランディングを行うことにより認知度や理解度は深まります。
多くの選択肢と情報がある中で自社商品やサービス、ひいては自社を選んでもらうためには商品・サービスや自社の価値を高め続けなければなりません。
良いブランドというのはイメージが変わらないために変わり続けています。
世の中はめまぐるしく変化をしています。その中で生き残る会社は見えない努力や工夫を常に行っています。

ブランディングは商品以上の価値を創造するものではありません。
様々な切り口から商品・サービスや自社の価値の発見や魅力を引き出してくれる最良のツールなのです。

デザインができる事

デザインができる事は多岐にわたります。
ブランディングに当てはめて言えば様々な場面でデザインの力が必要となります。

ブランディングを行う上で社員全員が共通認識を持つためのツールデザインや消費者へ訴える為のデザインなど多種多様となります。
私たちデザインスタジオディアントはお客様のブランディングの後押しができるデザイン制作を心がけさらなる価値の最大化を目指し制作を致します。

Demeblog-ディームブログについて

私たちデザインスタジオディアントは、デザイン業務のほかにDemeblog-ディームブログというブランディングを支援するブログを運営しております。
このブログにはブランディングに関する事はもちろん、オウンドメディア運用やデザインが関わるブランディングについて記事を日々制作しております。
ブランディングに興味がある方や勉強中の方にはおすすめのコンテンツを多く用意しておりますので是非アクセスしてみてください。

Demeblogディームブログへ

ブランディングをする事でどの様なメリットがあるのでしょうか。次のページで解説いたします。